~食パン~「White Bread 基本のパン」マーサの楽しい焼き菓子づくり(BS258 Dlifeにて放送)を日本人にもわかりやすく。

お菓子作り大好き!な皆様。

BS258 Dlifeで放送されている、マーサの楽しい焼き菓子づくりという番組をご存知ですか?

アメリカのカリスマ主婦マーサスチュワートさんが、自身のプライベートキッチンで、30分の間におひとりでどんどん素敵なお菓子を完成させていき、作られるお菓子たちは、どれも魅力的♪

焼き菓子好き、アメリカンスイーツ好きにはとても興味のそそられる内容です。

素敵なレシピの紹介の間に、マーサさんがお菓子作りのコツなども教えて下さるのも見どころ。

目からウロコのお菓子作りがはかどるテクニックや工夫をいろいろと教えてくださいます。なるほど!と感動するお片付けが楽になる方法などはとても役に立ちますよ♪

私もアメリカンスイーツ大好き!なので、この番組をずっと見させていただいているのですが、日本語吹き替えで見ても、日本と違い粉などのはかり方が、g(グラム)ではなくカップなのです。

そこで、同じように作ってみたい!と思い、グラム表記にできるだけ変えてトライしています。

アメリカと日本の計量の違いについてはこちら↓↓↓

自分用の覚書でもありますので、多少の誤差や間違いなどあるかもしれませんが、できるだけわかりやすく、日本の一般家庭でも作りやすいようにしてみました。

あくまで自宅で楽しむための覚書ですので、計算間違いや不備などあれば申し訳ありません。

みなさんも、マーサさんと一緒に、楽しい焼き菓子づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか?(#^^#)

(画像はイメージです)

~食パン~

「White Bread 基本のパン」

「Ray Bread ライ麦パン」

「Multigrain Bread 雑穀パン」

「Baking Bonus パーカーハウスロール」

今回は、「White Bread 基本のパン」。

サンドイッチにも、バターを塗るだけでも美味しく食べられるシンプルなパン。

スポンサーリンク

White Bread 基本のパン

材料(22×11cmの型 二本分)

ぬるま湯(45度以下)    120ml
ドライイースト    大さじ1(10g)
砂糖   大さじ1(10g)
強力粉    8 2/5カップ(4 1/5カップ(462g)+1 1/5カップ(132g)+3カップ(330g))(924g)
  大さじ1(18g)
ぬるま湯(43度位)   480ml
柔らかくしたバター   大さじ4(52g)
バター分量外(ボウルや型にぬる用)

作り方

① ぬるま湯120mlにドライイースト大さじ1(10g)、砂糖大さじ1(10g)を加えます。

かきまぜて、3〜5分予備発酵させます。

② ミキサーのボウルに強力粉4 1/5カップ(462g)、塩大さじ1(18g)、ぬるま湯480mlを加え、フックをつけたミキサーの中速でこねる。

③ 強力粉1 1/5カップ(132g)を足し、予備発酵したイースト水も加える。

④ さらに強力粉3カップ(330g)を足す。

⑤ 7分ほどこねたら、柔らかくしたバターを大さじ4杯(52g)ほど加える。

⑥  発酵用のボウルにバターをぬり、生地を台に出して打ち粉を少しして数回こね丸め、なめらかな丸にし、ボウルに入れる。

生地がくっつかないようにオイルスプレーをしたラップをかぶせ、二倍に膨らむまで一時間ほど発酵させる。

⑦ 生地が膨らんだらラップを外し、上から軽く叩いてガスを抜く。

⑧生地を二等分にして、打ち粉をした台の上で長方形に整える。

生地を下から上へぎゅっと押し込むように折り込みながら巻いていきます。

巻き終わりはつまんで閉じて、閉じ目を下にし、両端は下に押し込み、バターをぬった型に入れ、先ほどのラップで覆う。

生地が二倍に膨らむまで、一時間半ほど待つ。

⑨ 普通のオーブンなら、、、220度で15分→190度で45分

コンベクションオーブンなら、、、200度で15分→180度で45分

焼成。

⑩ オーブンから出したら、ハケで溶かしバターを表面にぬる。

Today‘s Martha Bakes`s Points♪

 一次発酵させるとグルテンが落ち着く。
イーストの働きで糖分が分解され、二酸化炭素とアルコールが発生し、生地を膨らませる。
一次発酵の時ラップをして生地がくっつくのを防ぐために、ラップにオイルスプレーをすると良い。
中までちゃんと焼けたかどうか確かめたい場合は、横からデジタルの温度計を差し込んで確認すると良い。95度くらいなら問題ない。

強力粉を何度かに分けて加えていたのは、ミキサーの性質上そうしないとこねられないのかな??

こねるのにフックを使ってらっしゃいましたが、以前ケンミックスミキサーの会社に問い合わせると、フックでパンをこねるにはミキサーは向いておらず壊れやすいと言っておられたことを思い出しました。

パンの回は、私はなんだか打ち粉の多さとアバウトさに毎回不安になります(^-^;

普通のオーブンがよくわからないのですが、220度→190度で焼くと焦げてしまうと思うので、コンベクションの方の温度で試してみることをオススメします(^-^;

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク