マーサの楽しい焼き菓子づくりの道具たち①(BS258 Dlifeにて放送)卓上ミキサーや、粉の計量カップ。日本でも買える?手に入る??

マーサの楽しい焼き菓子づくり(BS258 Dlifeにて放送)をご存知ですか?

アメリカのカリスマ主婦、マーサスチュワートさんが自身のプライベートキッチンでつぎつぎと美味しそうなお菓子を作っていく、楽しい番組なのですが、実際にやってみよう!と思っても、、、。

この道具は何?計量カップは同じなの?などの疑問がわいてきます。

アメリカと日本の計量の違いについてはこちら↓↓↓

とても便利そうな道具もたくさん出てくるので、気になりますよね♪

今回は、そんな「マーサの楽しい焼き菓子づくり」に登場する、お菓子作りの道具たちを、楽天などで買えないか、と探してまとめてみました。

皆さんのお探しの道具が、ありますように(#^^#)

スポンサーリンク

卓上ミキサー(ケンミックス、キッチンエイドなど)

マーサの楽しい焼き菓子づくりには毎回といっていいほど登場する、卓上ミキサー。日本では、電動ホイッパーやパンこね機、ホームベーカリーが良く使われているのに対して、アメリカの一般家庭では、こちらのタイプが広く使われています。

私も一台、お知り合いの方から譲っていただき持っているのですが、パンこね機と電動ホイッパーばかり使っているので、まだ使用したことがありません(^_^;)

ケンミックスの古いタイプ、ケンミックスプロKM-230、7リットルタイプですが、先日これでケーキを焼いてみよう!と使用した所、卵三個では少なすぎてホイッパーが届きにくく、砂糖を入れるとかさが増してなんとか泡立てることが出来ました。

確かに、泡立てている最中に、粉も量ったりいろいろできるので、これを使いこなせれば、とても楽チンにお菓子作りやパン作りが楽しめそうです♪

この機に、わたしもマーサさんのレシピで使ってみたいなぁと思っています。

ただし、7リットルサイズは本当に大きいです。

たくさんのお菓子を焼く機会がない方は、5リットルタイプで充分だと思います。

ケンミックス KMM770 7リットル

洋菓子店、ホテル、レストランでおなじみのスタイリッシュなコンパクトミキサー「ケンミックス」。

汚れが付きにくい塗装が施されていて、優れたモーター、飛散防止カバ―付きの見た目もとてもおしゃれなタイプ。

付属のアタッチメントは、メレンゲ、生クリームなどの泡立てに適しているホイッパー。クッキー生地やフィリングに適しているアルミビーターの二種類がついています。

メレンゲなら500g、全卵なら700g、生クリームなら1.5kgまで泡立てることが出来ます。

キッチンのすみに、さりげなくおいてあってもカッコいいですね(^^♪

お値段は高めの10万円前後ですが、本格志向の方にはこちらがおすすめなのではないでしょうか?

ただし、容量7リットルと大きいサイズなので注意。

パンこねなどに適している、アルミフックも別売りですがあります。パンを作られる方には欠かせませんが、先日ケンミックスのメーカーに問い合わせたところ、パンをこねると壊れやすいとのことでした。柔らかい生地に向いているそうです。

KitchenAid “キッチンエイドミキサー “4.8リットル

「混ぜる」「練る」「泡立てる」など、パン・お菓子作りに大活躍の多機能ミキサー。

ワイヤーホイップ・ビーター・ドゥフックという3種のアタッチメントがついていて、 作業をとても簡単に行うことができます。

4.8リットルと容量は少なめですが、一般家庭にはちょうど良いサイズ。

とてもおしゃれな見た目と機能性で、人気の卓上ミキサーです。

三種類のアタッチメントもはじめから付属していて、お値段5万円前後。

カラーも三種類あってインテリアの一部になりそうです♪

レッド

ブラック

ホワイト

業務用卓上ミキサー PRO-GMS7 7リットル

7リットル容量の物が欲しいけど、先程のケンミックスミキサーはかっこいいけどちょっとお値段が、、、。という方には、こちはいかがでしょうか?

アタッチメントも三種類、はじめからついていて、お値段5~6万円のベーシックモデルです。

青いラインが入っていますが、ボディも柔らかく傷つきやすいアルミを守り汚れが落としやすくなる、アルマイト加工の施されていて、耐久性、耐摩耗性に優れたつるつるとしたオールメタリックです。

ただし、こちらも容量7リットルと大きいサイズなので注意。

業務用卓上ミキサー PRO-MX7 7リットル

こちらは、さらにお安く買えて、三種のアタッチメントもはじめから付属しているライトモデル。パン生地は一度に900gまでこねられる7リットルタイプ。

一般家庭ではこのタイプが一番、試してみやすいのではないでしょうか???

ベーシックモデルと違い、ボディはプラスチックになっているようで、少しだけサイズが大きいようです。

しかし、3~4万円で手に入れることが出来ますので、お値段的に一番、一般家庭向きだとおもいました。

ただし、容量7リットルと大きいサイズなので注意。

卓上ミキサーのアタッチメントの形と使用例

卓上ミキサーのアタッチメントは、はじめからついているもの、後から追加購入しなければならないもの、などありますので、購入の際は注意が必要です。

とりあえず以下の三種類があれば、様々なお菓子作りやパン作りに対応することができるでしょう。

 ホイッパー

卵の泡立て、メレンゲ、スポンジケーキ、ドレッシング、ムースなどに→ 空気を含んだきめ細かいなめらかな仕上がりに適しています。

[例:このようなタイプ]

クッキー生地、フィリング、マッシュポテト、パウンドケーキなどに→ 多少粘度のある材料を力ずよく混ぜたい時に適しています。

[例:このようなタイプ]

フック

パン生地などに→  パン生地など重たい生地を混ぜたり、こねたりするのに適しています。(ケンミックスのメーカーに問い合わせたところ、ケンミックスミキサーはパンをこねるのに向いていないとの回答だったので注意。)

[例:このようなタイプ]

アメリカ計量メジャーカップ(小麦粉などの計量に)

こちらもマーサの楽しい焼き菓子づくりには、毎回といっていいほど登場する、計量カップ。

日本では、gを量ってお菓子作りなどをすることがほとんどですが、アメリカではざっくりとカップ計量されることが多いですね(#^^#)

日本のカップで計量すればよいのでは?と思いがちですが、日本のカップとアメリカのカップでは、実はサイズが違うのです、、、。

アメリカのカップは、1カップ→240~250ml。
日本のカップは、1カップ→200ml(お米1合用のカップは180ml)

となっています。

g換算するのが面倒な場合は、以下の計量カップを一つ持っているととても便利です♪

All-Clad(オールクラッド)計量カップ

アメリカで人気のお鍋のメーカー、オールクラッド。ステンレススチール製で、見た目の美しさだけでなく耐久性と耐食性に優れていますが、1万円前後とお値段も高め。こだわりのある方にお勧め。

1カップ、2/3カップ、1/2カップ、1/3カップ、1/4カップの五点セット。

Lautechco メジャーリングカップ

こちらもステンレス製でさびず、使いやすい計量カップ。お値段は2千円ほどと、手に入れやすいのでお勧めです。

60ml、80ml、125ml、250mlの4点セット。

貝印 Chef`n(シェフィン)メジャーカップセット

おなじみ貝印製のメジャーカップセット。

60ml、80ml、125ml、250mlの4点セットで二千円前後と、こちらも手に入れやすいお値段です。ステンレスではないですが、耐熱温度は150度、耐冷温度はマイナス30度です。

チェリーの種取り

チェリーのクラフティの回で、なんだかすごい器具を使って種を取っておられました。確かに、種が入っていては食べにくいですし、手で取ろうと思っても、うまくいきませんよね(^_^;)

同じ器具は見つかりませんでしたが、種取りの道具はありましたよ♪

オリーブにも使えるようです。お値段2千円ほど。

チェリー好きの皆様、これで種を取って、チェリーのお菓子作りはいかがですか?(#^^#)

レモンをしぼるえのついたもの

シトラスクッキーなど。ミキサーに入っている生地に、直接レモンの果汁を絞り入れるときなどに、「とても便利なのよ」といつもおしゃっている、マーサさん愛用の柄のついたレモン絞り。

確かに絞りやすそうですね♪

こちらもお値段、二千円ほど。

アイスクリームスクープ(ディッシャー)

クッキーづくりに欠かせないアイテム♪

スプーンですくって落とすより、断然楽。

何よりも、大きさが一定に作れるのが最大のメリットですね(#^^#)

9cc、13cc、18cc、28cc、40cc、53cc、60cc、80cc、95ccとサイズも様々ですので、よく使うサイズをそろえたくなりますね♪

直火にかけられるタイプの1リットルのシャルロット型

カスタードの回で、「クレーム・カラメル」を作っておられた際に、とても大きなシャルロット型が出てきました。そのまま型に直接、グラニュー糖と水を入れて直火にかけカラメルを作っておられました(#^^#)

確かに、お鍋で作るより、ラクチンですね♪

蓋付きのものはありませんでしたが、似たようなものならありましたよ♪直火はいけるのかな、、、?

ちなみに私は、カラメルを作るのは面倒なので、プリンを作る際は、このようなカラメルタブレットを愛用しています。とても楽です(#^^#)

いかがでしたでしょうか?

このほかにもたくさんのお道具が出てくるので、また何回かに分けて探してみたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク