〜個性的で味わい深いパン〜「ソーダブレッド」マーサの楽しい焼き菓子づくり(BS258 Dlifeにて放送)を日本人にもわかりやすく。

お菓子作り大好き!な皆様。

BS258 Dlifeで放送されている、マーサの楽しい焼き菓子づくりという番組をご存知ですか?

アメリカのカリスマ主婦マーサスチュワートさんが、自身のプライベートキッチンで、30分の間におひとりでどんどん素敵なお菓子を完成させていき、作られるお菓子たちは、どれも魅力的♪

焼き菓子好き、アメリカンスイーツ好きにはとても興味のそそられる内容です。

素敵なレシピの紹介の間に、マーサさんがお菓子作りのコツなども教えて下さるのも見どころ。

目からウロコのお菓子作りがはかどるテクニックや工夫をいろいろと教えてくださいます。なるほど!と感動するお片付けが楽になる方法などはとても役に立ちますよ♪

私もアメリカンスイーツ大好き!なので、この番組をずっと見させていただいているのですが、日本語吹き替えで見ても、日本と違い粉などのはかり方が、g(グラム)ではなくカップなのです。

そこで、同じように作ってみたい!と思い、グラム表記にできるだけ変えてトライしています。

アメリカと日本の計量の違いについてはこちら↓↓↓

自分用の覚書でもありますので、多少の誤差や間違いなどあるかもしれませんが、できるだけわかりやすく、日本の一般家庭でも作りやすいようにしてみました。

あくまで自宅で楽しむための覚書ですので、計算間違いや不備などあれば申し訳ありません。

みなさんも、マーサさんと一緒に、楽しい焼き菓子づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか?(#^^#)

〜個性的で味わい深いパン〜

アイルランドの伝統的なパン、ソーダブレッド。

生地をこねる必要のない、オリーブとチーズのパン。

食パンの型に入れて焼くサリーラン。

Baking Bouns コーンブレッド。

今回はソーダブレッドの覚書。

アイリッシュソーダブレッドはアイルランドのお祭りの日によく食べられるパン。

スポンサーリンク

ソーダブレッド

材料

牛乳    320ml
リンゴ酢    80ml
小麦粉(薄力粉と強力粉を半々に混ぜたもの)    3と3/5カップ(396g)
ベーキングパウダー    小さじ1
重曹   小さじ1
塩      小さじ2杯半(15g)
ふすま    1と1/5カップ(113g)
バター    大さじ4(52g)
レーズン  1と1/5カップ
キャラウェイシード   3/10カップ

作り方

①  牛乳320mlにリンゴ酢80mlを加えます。

②  ボウルに小麦粉を3と3/5カップ(396g)、ベーキングパウダーを小さじ1、重曹小さじ1、塩小さじ2杯半(15g)、ふすま1と1/5カップ(113g)を入れて、泡立て器でよくまぜる。

③  バター大さじ4杯(52g)をサイコロ状に切り、粉に加えてパイブレンダー(ないと思いますのでカード)で粉がポロポロのそぼろ状になるまで切り混ぜます。

④  ボウルにレーズンを1と1/5カップ、キャラウェイシード3/10カップ加え、先ほどの牛乳を加え、ゴムベラで混ぜる。混ぜすぎないようにまんべんなく。

⑤  軽く打ち粉をした台に生地を出して、丸めます。スケッパーで生地を1.2回折りたたみ丸くまとめて、クッキングシートを置いた天板に置きます。

⑥  表面に粉をまぶし、真ん中十字の切れ目を入れ、180度に温めたオーブンで1時間15分焼成。

Today‘s Martha Bakes`s Points♪

牛乳にお酢を入れるとあっというまに牛乳が酸性に変化して塊ができる。バターミルクの代わりに。
塩が多めのパン。
ふすまというのは、小麦粉の表皮。つまり皮。小麦一粒の重さの14パーセント程がふすまで、栄養満点♪
ふすまを入れるとソーダブレッドの風味がぐんとアップする。

ふすまの分量がわかりませんでしたが、アメリカメジャーカップに一杯入れておられたので、1と1/5カップかな?

毎回思うのですが、打ち粉の量がすごい!そしてアバウト!

この打ち粉でだいぶ生地の状態が人それぞれ差が出るのでは?と思います(^-^;


PH パイブレンダー NO.392


オーガニックキャラウェイ 100g【有機JAS認定商品】

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク