庭の立水栓を枕木風水栓カバーで簡単おしゃれにDIYする方法♪① 家の水道の元栓の場所と閉める方法。植木鉢を水栓パンに。枕木風水栓カバーレビュー。

我が家のお庭にある、水栓柱を枕木風にしてみました。

DIYする前の様子がこちら。

何の変哲もないこの水栓柱を何とか、おしゃれにDIYできないものか???

ずっと考えていました。

何よりも、水はねがすごい。自分まで濡れてしまうくらい、下に落ちた水がはねるのでとりあえずこれを何とかしたい。

でも、水栓パンを買うと結構高いので、何か代用できるものはないか?と、雑貨屋さんに行き、こんなものを買ってきました。

スポンサーリンク

樹脂製の植木鉢で水栓の受け皿DIY♪

植木鉢コーナーで見つけた樹脂製の植木鉢。

他にも、ブリキのバケツ型の植木鉢など、可愛いものはあったのですが、錆びてしまうのは困るのと、家の色に合わせて黒いものが良いかな?とこれを選びました。

底に穴が開いているので、水がたまる心配もありません。

>>>水栓パンとしても使える!樹脂製植木鉢の一覧を楽天市場でチェックしてみる

>>>可愛いブリキの植木鉢一覧を楽天市場でチェックしてみる

とりあえず、中に庭にまいてある瓦チップを入れて、設置してみました。

水はねもなくなり、その点は良い感じ♪なのですが、、、

やはり、なんかいまいち、、、(^-^;

枕木風水栓カバーと2つ口のアンティーク風の蛇口。

やっぱり、この水栓中と蛇口自体を何とかせねばならぬのか、、、。

と、いろいろ考えました。でも、、、

レンガを積むのは大変だし、、、。固めてしまったら何かあった時、取り外しできない。

水栓柱にペンキを塗ろうかとも思いましたが、下地にミッチャクロンみたいなものを塗ってからでないと、絶対はがれてきそう、、、。

水道に何かあった時に、簡単に見みてもらるえような、取り外しができるもの。と言えば、やはり、カバーしかないか(^-^;

とこちらを購入しました。枕木風の水栓カバー。

お値段4,230円でした♪(値段は変動する可能性があります。)

この水栓カバー。

前から気になっていたのですが、水栓パンとのセットだと12000~13000位。

蛇口も買ったら高くつくなぁ、、、。と眺めていたものでした。

今回、最安値を探してみたところ、水栓カバーと水栓パンのセットのものは、11,030円で売られていました。(値段は変動する可能性があります。)

パンの方はすでに植木鉢を使うことにしていたので、パンなしのカバーのみを購入。

統一感を出したい方や、排水もつなげてしっかりと設置したい方は、このセットになっているタイプの方が良いと思います。

しかし、今回、お買い物マラソンで、JJ PROHOMEというお店の店内全品20パーセントオフクーポンを手に入れることが出来ましたので、思い切って購入♪

このJJ PROHOMEは、ウッドデッキでもお世話になったことがあり、他より安くて良いお店でおすすめです。

>>>JJ PRO HOMEの枕木風水栓カバーはこちら

水栓パンも植木鉢をすでに用意していたので、買ったのは水栓柱カバーと蛇口のみで済みました(^^♪

クーポン利用で、蛇口と水栓カバーのふたつ、送料込み6,568円で済みました(#^^#)

更にポイントもついたので、かなり安く買えてよかった♪

蛇口は、一つはホースのアタッチメントをつけて置けるように、口が二つ付いているものにしました♪

3,980円♪(値段は変動する可能性があります。)

>>>アンティーク風 蛇口の一覧を楽天市場でチェックしてみる

枕木風立水栓カバーのレビュー

今回、運よく、とても安く出買うことが出来たので、十分満足です。

お値段からするとても良いお品だと思います。

良いところ

・軽い。かぶせるだけで女性でも簡単に施工できる。

・見た目が良い。色は黒に近めでした。

・カットが簡単で、サイズ調整が楽。

・安くで簡単にお庭のイメージチェンジができる。

・何かあった時、取り外せる。

我が家は、玄関アプローチや花壇などに枕木を使っているので、統一感が出ました。枕木を使っているお庭にとてもおすすめです。

悪いところ

蛇口の長さを考慮して、足りなければ継手(ジョイント)を、別途、買わなければならない。(今回足りなかったので購入して取り付けましたので、蛇口取り付けに関しては、詳しく続きをご覧ください。)

・説明書がないので、商品ページから説明書をダウンロードしなければならない。

・もろい。割れやすいので、施工中に注意が必要。ただ、そのためカットが簡単で助かりました。

・傷もつきやすく、傷つくと白っぽくなってしまいます。

一部、割れてしまい、下地が見えてしまいましたので、ボンドでくっつけました。

立水栓カバーDIY♪元栓、止水栓で家の水を止める方法、場所。

早速取り付けにかかりました。

まずは、水道の元栓を閉めます。閉めてから行わないと、水浸しになってしまいますので必ず閉めます。

一戸建てなら、家の周りのどこかに、このような「量水器」と書いた蓋がついている部分を探します。

穴にはさみなど何か細いものをひっかけて、蓋を開けます。

前日、大雨だったので、水浸しでした(^-^;

水でわかりにくいですが、左に見える丸いものが量水器で、開けると中に水道のメーターがありました。右側に見えるレバーが元栓です。

光ってしまってとても分かりにくいですが、このレバーを右に90度回すと、元栓を閉めることが出来ました。

元栓を閉めることが出来たところで、立ち水栓のところへ行き、蛇口をひねって水を出し切ります。

できったら蛇口を右に回すと、簡単に外れました。

蛇口が外れたので、枕木風カバーを立水栓の上からはめ込んでみます。

枕木風カバーのはめ方。はまる立水栓のサイズについて。

この枕木風カバーですが、カバーをかぶせるわけですから、後ろにある程度の隙間がないとはまりません。

我が家の水栓と壁との隙間はこんな感じ。

一番突き出ている部分から、1センチちょっとくらい。結構、狭い(^-^;

はまるか心配でしたが、、、

何とかいけました!(中で水栓柱が若干曲がっているような気もしますが、、、(^-^;)

しかし、、、前から見ると、、、高さが合いません(´Д⊂ヽ

蛇口つけるところ、どこ???(^-^;

これは、カットが必要です。

カットは、このようなノコギリでも簡単に出来ました♪

割れやすそうだったので注意!

再度はめ込むと、ばっちり合いました♪良かった~(#^^#)

ここから、蛇口を取り付けていきます。

ちょっと苦戦して、長くなってしまったので、2回に分けて書かせていただきたいと思います。

次回、蛇口を取り付ける方法。長さを足すジョイント、水漏れ対策。

>>>庭の立水栓を簡単おしゃれにDIYする方法♪②枕木風カバーにアンティーク風蛇口のつけ方。蛇口の長さが届かない!延長する仕方と水漏れ対策。

その他のお庭の成長記録♪

これまでの、お庭の成長記録&DIYの様子はこちら。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク