家の境界に土留めブロックができるまで。枕木を利用して花壇を作って野菜作り♪初心者にも育てやすいサントリー本気野菜シリーズ。

我が家はもともとあった古家を解体して、新たに建てた家なので、お隣さんとの境界にもともとブロックなどがありませんでした。

木や植物が生えているだけで、これから梅雨の季節になるのに土留めをしないと崩れてくるのではないか?と考え、先日、土留めブロックを施工してもらいました。

はじめは、枕木を積むか、自分たちでブロックを積む予定で材料も少し買ってきてあったのですが、なんだかんだ言っている間にもう五月半ばになってしまい、間に合わない!ということで、主人の友人の職人さんに頼むこととなりました(^_^;)

ブロック積みは、素人にはとても大変そうだったので助かりました、、、。

枕木で花壇も作ってもらったので、キュウリやナスなどを育てたりと楽しそうです♪

スポンサーリンク

土留めブロックができるまで

まず、何もなかったころの写真。庭に砂利もまだ敷いていません。

こんな感じにもともとあった植物が覆い茂っていて、なぜだかこの付近、カエルさんがいっぱい(^_^;

しかも、、、笹が大量に、、、!

除草剤でも枯れないし、邪魔ですし除去しにくいしで困っていました。

この後、庭に砂利を敷いてもらった時に、この覆い茂っている部分をシャベルカーで、お隣さんとの境界まで削ってもらい、綺麗になったのですが今にも崩れそう、、、。

そこで、ブロックを積むことにしました。

家の横もすべて積みたかったのですが、予算の関係上、とりあえず今にも崩れそうな、庭の部分までをお願いすることにしました。

まずは、穴を掘っていきます。

大変そう、、、私には難しい作業です(+_+)

さすが職人さん。ものの半日で掘ってくださいました♪

ちょっと写真が撮れなかったのですがここに、基礎コンクリートをうって、その上にブロックを積んでいきます。

一日で二段できました。さすが早い♪

これで、もう崩れる心配はなさそうです。

安心して梅雨を越せます(^^♪

枕木で花壇を。

友人が枕木をたくさんくださるということでいただいてきましたよ♪感謝♪

当初は、この枕木で土留めをしようかとも考えていました。

しかしやはり、ずっとあるものなので朽ちたりしないか不安で、結局お金はかかるけれども、ブロックになりました。

この枕木を使って、花壇を作ってもらいました(#^^#)

枕木同士を動かないようにくさびでとめて、ブロックと枕木にもL字を打ってくださっています。

いい感じに仕上げてくださり、とてもうれしいです(#^^#)

ブロックには、後からDIYでフェンスをたてられるように、上の穴を全部埋めずにフェンスの幅の分、あけてもらっています。

土留めブロックのおかげで、お庭がすっきりしました(#^^#)

花壇で野菜作り♪

さて、ここに土を入れていくのですが、枕木3本分の幅があるのでかなりの土がいりました。

祖母の家から土嚢袋10袋分ほど土をもらってきましたが、まだまだ足りず。

イオンのBIGで野菜と花の土が12Lで980円、おひとり様10袋限り、というのをやっていましたので、家族みんなで買いに行って30袋撒いてもまだ少し足りません(^_^;)

でも、近所のホームセンターでは14Lで248円だったので98円はかなりの安さ。助かりました。

野菜や花の苗、頂いたハナミズキの木を植えましたよ♪

ハナミズキの周りには、左から、グリーンの花を咲かせるピラミッドアジサイのライムライト。

グラウンドカバーにと、ハツユキカズラ、ツルニチニチソウ。

お野菜は、きゅうり、とまと、なす、ピーマン、ししとう、万願寺唐辛子、オクラ、トウモロコシとたくさんの苗を植えることが出来ました。

おすすめの野菜の苗 サントリーの本気野菜シリーズ

毎年、お野菜の苗を植えているのですが、私のおすすめはサントリーの本気野菜シリーズ

本気野菜シリーズは、たくさんの種類があります。

他の普通の苗が98円などでうられているのに対し、大体248円~とちょっと高めですが、うどんこ病などの病気や害虫に強く、たくさん実がなるので失敗がないのが良いところ。

素人なので、ちょっと高めでも、あまり実がならなかったり病気になってしまったりすることを思えば、元が余裕でとれる位、実もなるのでお勧めです。

毎日水をやりながら、楽しんでいます♪

子供たちも早く実がなってほしいね~とワクワクしているようです♪

その他のお庭の成長記録♪

これまでの、お庭の成長記録&DIYの様子はこちら。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク