子供部屋二段ベッドに簡単カフェ風本棚をDIY♪1×4材で邪魔にならずにおもちゃや絵本の収納力をアップさせる方法。幅を広くとれば子供用の机にもなる♪

ある日、娘が、、、

「本をたくさん並べられる本棚を作って!」

と突然リクエストしてきました。どうやら、国語辞典や漢字辞典、教科書などで、勉強机の本棚はパンパンだったようです。

以前、リビング用にディスプレイ本棚をDIYし、設置しているのですが、、、。

最近、子供たちの本があふれているから何とかしたいなぁ、、、と、私もちょうど考えていたところでした。

ディスプレイマガジンラックの作り方はこちら↓↓↓

>>>ディスプレイ本棚をDIY♪ 絵本やレシピを可愛く並べて収納。ワンバイフォーで作る、お子様のお片付けに便利なマガジンラックの作り方。

二階の子供部屋に大容量の本棚があれば、これから下の子が小学生になって本類が増えても困らないかな?

でも、、、新しく場所をとる家具を置くのも嫌だし、、、。

ということで、二段ベッドに本棚を取り付けてしまうことにしました。

スポンサーリンク

DIYで二段ベッドと棚を一体化させ場所をとらない収納を♪

つけようと考えた場所はここ。二段ベッドの子供たちの足が来る方の面です。

百均のアイアンの棚受けなどで壁か二段ベッド本体に、棚をつけてしまっても良かったのですが、できるだけ壁やベッドに穴を開けたくないのと、取り出しやすく、本だけでなくおもちゃの収納にもできるようにと、この面に設置することに決めました。

お部屋の模様替えをすることになっても大丈夫なように簡単に取り外せるよう、ベッドに開ける穴も最小限の二か所のみにして作ることに決め、できるだけ少ない材料で作成しましたので、見た目は重視していません。

棚の数も二段のみにしましたが、増やすことが可能です。

今のところ二段で充分なので、後々、需要があれば棚数を増やそうかなと思っています。

下の段の棚の幅を広げて子供の座る高さに合わせれば、お絵かきやレゴ、メルちゃんなどお人形遊びのできる、プレイスペース、プレイテーブルにもなると思います。

棚数を多く、もっとしっかりと、格好良く作りたい方は、アレンジしてみてくださいね(^^♪



ワンバイフォーで二段ベッドに造り付け本棚を♪簡単な作り方♪

材料(約18センチの幅の棚が2段分)

1×4材(ワンバイフォー) 4本
★二本は支柱
★後の二本は棚の天板用
1×1材(ワンバイワン)や、2センチ×2センチ位の角材など
電動ドリル、ビス、のこぎり、えんぴつ、定規など

サイズはお使いの二段ベッドの大きさにより、変わってくると思います。

我が家の二段ベッドは、支柱となる長い二本の1×4材はベッドの高さに揃えてのこぎりでカットし、棚の天板となる部分はちょうど半分の長さにカットして使用しました。

事前にベッドの高さや、横幅がぴったりとはまりそうなくぼみがベッドにあれば、サイズをはかってホームセンターでカットしてもらうと作業がラクチンです(#^^#)

作り方

支柱の高さをベッドと合わせる。

支柱となる二本の1×4材を、ベッドの高さにカットします。

私はできるだけ少ない材料で作りたかったので、支柱は二本にしましたが、もっとしっかりと、見た目良く作りたい方は、左右二本ずつ、4本使用してください。
もっと棚の幅を広くとり、天板を3枚4枚と増やして作ろうとお考えの方も、支柱を増やしてください。

棚の位置を決める。

次に、ベッドに合わせて棚の高さを決めます。

支柱となる1×4材をベッドにぴったりとつけて、棚をつける位置を決めて線を引きます。

私は、本が落下しないように、ベッドフレームが背板になる位置に決めました。

ベッドフレームのない場所につけ、表に下の画像のように、セリアのアイアンバーなどで落下防止対策をすれば、ベッドの中からも出し入れができるようになりますね(^^♪

棚の支えとなる角材を支柱につける。

先程線を引いた部分に、棚を支えるための角材を取り付けます。

私は家に合った端材を使用しました。天板を支えられ、ビスが打てそうな太さがあれば、角材でなくとも何でも大丈夫です。

棚の幅より、少し短めに線を引き、カットします。

それを4本作りました。棚一段につき二本使用で、二段分です。

棚の数だけ作ってください。

これを支柱の先ほど引いた線に合わせて二か所づつ突き抜けない長さのビスを打ち、止めていきます。

割れやすいので、下穴をあけてからにするか、ドリルビットがない方はこのような木割れ防止ビスを使用してください。




木工用ボンドを塗ってから止めれば、さらにしっかりします。

この上に天板が乗るので、必ず二か所は止めるようにしてください。

のせた感じはこのようになります。

ビス一本だとグラグラになってしまいます。

棚の天板をつける。

支柱につけた角材を受けにして、その上に天板を一枚ずつ乗せて固定します。

私は写真のような向きに取り付けることにしましたが、ベッドの支柱と棚の支柱がぴったりくっつくように反対向きにしても。お好みで♪

受けの角材にビスか釘を打ち込んで、棚がひずみなく、まっすぐになるように天板を取り付けていきました。

先程も載せさせて頂いた画像ですが、下から見るとこんな風に天板がのっています。

支柱を二本にされる方は、この時角材がもう一本の支柱にもとまっている状態になります。

これで、棚自体は完成しました♪

ベッドと棚を合体させる。

このままベッドに立てかけて使うのではグラグラして危ないので、ベッドフレームに二か所だけ穴を開けビスで止めてしまうことにしました。

支柱をカットした時の端材を二本、棚とベッドフレームまでの長さにカットし、、、

ビスでとめました。連結金具などで止めても良いと思います。

横から見るとこのようになっています。

これだけでは不安な方は、もっととめる箇所を増やしたり、括り付けてみたりしてみてくださいね(^^♪

せっかくなので、セリアの突っ張り棒とカフェカーテンを買ってきて、少し可愛くしてみることに。

このように、何時か斜めに布がかかるように突っ張って、、、

カフェカーテンを横にかけました。落ちてくるのが気になる方は、ホッチキスや洗濯バサミなどでとめると良いと思います。

お店やさんごっこをして遊んでくれるといいな♪

何箇所か、セリアのフックもつけてみました。

どうしてもベッドに穴を開けたくない方は、ディアウォールと天井までの長さの2×4材を使って床と天井で突っ張ってしまっても良いですね(#^^#)

この下の段を角材を伸ばして、広くとり、もう少し高さを上げれば、プレイテーブルになると思います。

ベッドと一体化していれば、新たに机を置くより場所をとらなくて良いなぁと思いました(#^^#)

行き場がなくて散らかる本問題がこれで解決して、上の子もすっきり満足げな顔。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪