マーサの楽しい焼き菓子づくり(BS258 Dlifeにて放送) クッキーの回。昔ながらの人気のクッキー「サブレ」を日本人にもわかりやすく♪

お菓子作り大好き!な皆様。

BS258 Dlifeで放送されている、マーサの楽しい焼き菓子づくりという番組をご存知ですか?

アメリカのカリスマ主婦マーサスチュワートさんが、自身のプライベートキッチンで、30分の間におひとりでどんどん素敵なお菓子を完成させていき、作られるお菓子たちは、どれも本格的、魅力的なお菓子ばかり♪

焼き菓子好き、アメリカンスイーツ好きにはとても興味のそそられる内容です。

素敵なレシピの紹介の間に、マーサさんがお菓子作りのコツなども教えて下さるのも見どころ。

目からウロコのお菓子作りがはかどるテクニックや工夫をいろいろと教えてくださいます。なるほど!と感動するお片付けが楽になる方法などはとても役に立ちますよ♪

私もアメリカンスイーツ大好き!なので、この番組をずっと見させていただいているのですが、日本語吹き替えで見ても、日本と違い粉などのはかり方が、g(グラム)ではなくカップなのです。

そこで、同じように作ってみたい!と思い、グラム表記にできるだけ変えてトライしています。

アメリカと日本の計量の違いについてはこちら↓↓↓

自分用の覚書でもありますので、多少の誤差や間違いなどあるかもしれませんが、できるだけわかりやすく、日本の一般家庭でも作りやすいようにしてみました。

あくまで自宅で楽しむための覚書ですので、計算間違いや不備などあれば申し訳ありません。

みなさんも、マーサさんと一緒に、楽しい焼き菓子づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか?(#^^#)

まずは、大人気のクッキーの回。

薄くてサクッとした食感のブラウンシュガーチョコチップクッキー。

パートサブレという生地で作る、ホロホロとした食感のサブレ。

生地にレモンの皮と果汁をねりこんだ爽やかな風味の昔ながらのシュガークッキー。

しっとりとしたチョコいり生姜糖蜜クッキー。

この4種類と、Baking Bonus(スペシャルコーナー) でのグレーズをかけて仕上げるシトラスクッキーの、覚書をまとめていきたいと思います。

今回は、マーサさんが80年代に初めて紹介してから今もなお大人気のクッキー。

サブレはフランスのクッキーで、パートサブレという生地でつくります。よくタルトで使う生地ですが、クッキーにも大人気だそうですよ♪

スポンサーリンク

サブレ

材料

砂糖    4/5カップ(104g)
バター       170g
卵黄         二個分
塩         ひとつまみ
バニラエキストラクト    小さじ1杯
小麦粉(薄力粉と強力粉を半々にブレンドしたもの)   2と2/5カップ(264g)

仕上げに

卵黄を水で溶いたもの     適量
デコレーションシュガー  適量

作り方

① フードプロセッサーに砂糖4/5カップ(104g)と室温に戻したバター(柔らかくしすぎないこと)170gを入れ、ミキサーにかける。

② 卵黄を2個分加え、塩もひとつまみ、バニラエキストラクト小さじ1杯、加える。

③ 小麦粉(薄力粉と強力粉を半々にブレンドしたもの)2と2/5カップ(264g)を二回に分けて加える。

④ 生地を長方形にまとめながらラップで包み、冷蔵庫で冷やす。

⑤ 冷えた生地を三等分にして、一枚ずつのばします。

マーサさんはこのとき、ラップを上に敷いておられました。下にもクッキングシートやオーブンシートを敷いているようにも見えましたが違うかな?

こうすることで、打ち粉をしなくても生地が台にくっつきませんね(*^^*)

⑥ 厚さ3ミリのばします。更に冷やします。

⑦ 型で抜いていきます。更に30分冷やします。

⑧ 水で溶いた卵黄を刷毛で塗る。デコレーションシュガーをまぶす。

⑨ 180度で12〜15分、焼成。

Todays Martha Bakes`s Points♪

卵黄のおかげで綺麗な色のサブレになる。
余った白身はエンゼルフードケーキやメレンゲに
型抜きで余った生地はまとめて再び型抜きすればOKですが焼き上がりはまずまず。

さくさくおいしそうなサブレでした(#^^#)

タルト生地などにも良いですね♪



ヘイララ・バニラエキストラクト 50ml



●デコレーションシュガー 4kg

その他のクッキーはこちら↓↓↓

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク