子供と工作♪段ボールでビー玉迷路♪簡単コリントゲームの作り方♪夏休みの工作にぴったり♪

皆さん夏休みの工作は何をされますか???

我が家の子供たちは工作やお絵かきが大好きなので、外に出るのも嫌な位暑い日は、いつも何か作ったりして遊んでいます。

今年の夏休みの工作はコリントゲームを作りたい!と張り切って作っていました。

去年も作ったのですが、去年よりもパワーアップさせて迷路にする!とのこと。

この、コリントゲーム、簡単に言うとビー玉を転がしてスタートからゴールまで迷路のような道を進んでいく、ビー玉迷路です。

材料もシンプルで、小学校低学年くらいのお子様でも、ダンボールをボンドでくっつける際のコツさえつかめば一人で作れるので、夏休みの工作にお勧めです♪

創作性があり、自由にコースを作れて、見た目も好きなように飾ることが出来るので、オリジナルの作品作りが楽しめ、楽しいです(^^♪

スポンサーリンク

ダンボールでビー玉迷路 コリントゲームの作り方

材料

段ボールや空き箱
木工用ボンド、ホッチキスなど
画用紙、マジック、シールなどデコるもの
はさみ、カッターなど

作り方

段ボールを浅い箱の形にします。空き箱を利用してもOK♪

計画性を持ってきっちり迷路を作りたい方は、この時に鉛筆などで壁を作る場所に線を引いておきましょう。

もちろん思いつくままに、迷路を作っていってもOKです♪

段ボールを付けたい形にして、底のくっつく面にボンドを塗ります。

速乾性なら10秒ほど手で押さえると、ある程度くっつくので、このまま乾くまで放置します。

迷路の道を作る時も、同じようにボンドを塗って、手で数十秒押さえると、、、

倒れないかな?と心配になりますが、意外と簡単にくっつきます。

乾くと結構しっかりくっきますので、心配ありません(*^^*)

ホッチキスで留められる場所は、ボンドと併用しても良いですね♪

道はビー玉が通れる幅にしておきます。

後は自由にお子様達の想像力で楽しいコースを作っていくだけ♪

例えば、、、。

落とし穴を作ったり、、、

三つの道に行き止まりの正解、不正解の道を作って、、、

入り口をこのように切った段ボールで隠したりしました。

上から画用紙で塞いでしまえば、完全に中が見えないので、どれが正解の道がわからず、中で右往左往するので楽しいです(*^^*)

二階建てにしてみたり、トンネルを作ったり、、、

落とし穴を作ったり、モールで凸凹道を作ったりしました。

うずまきの道や、滑り台、橋なども作ってみましたよ♪

段ボールに線を入れて、完全に穴を開けずに、上側だけ皮を剥くようにとれば、でこぼこしてビー玉が進みにくくなります。

ここをこうしてみたらどうかな?

みんなこれに騙されて迷うかなぁ?

など、子供達もとても楽しそうに迷路を考えながら組み立てていました(*^^*)

マジックでぬったり、シールでデコったり、仕上げも楽しく、材料も簡単に手に入りお子様でも成形しやすいので、夏休みの工作にオススメです♪

とても巨大なコリントゲームや、公園のアスレチック遊具のようにアップダウンを激しくしても楽しいですね♪

見た目をお家や、カーレース場みたいに仕上げても素敵だなぁ+゚*

どんどん想像が膨らみます(*^^*)

乾いたら早速遊んでみましたよ♪

こんな感じに、箱自体を揺らしてビー玉を行きたい方向へ誘導します。

滑り台を逆に登るのもアリです。

皆さんもお子様とたのしい工作で、充実した夏休みをお過ごしください(^_-)-☆

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク