イースターエッグDIY② 作ってみよう♪ 本物の卵の殻のみを使用する際の卵の中身(黄身、白身)の抜き方。

もうすぐイースターということで、数回に分けてイースターについてお話しさせていただいています。

皆様イースターってご存知ですか??

初めて聞いた、名前は知ってるけどよくは知らない。という方のために、

イースターって何?

イースターっていつかな?

について、詳しく書かせていただいておりますので、下記のリンクをご参照ください。 ↓ ↓ ↓

知ってる!もう読んだよ♪という方は、前回同様、スキップして下さいね♪

イースターエッグDIY 作ってみよう♪ 本物の卵を使用した作り方から~お家ですぐできる簡単お手軽な方法まで♪

イースターって何?2017年はいつ?イースターに食べるパン。HOT CROSS BUNS(ホットクロスバンズ)ってどんなもの? レシピ付き♪

子供達と楽しめる♪ イースターのゲームやクラフトをご紹介♪

子供たちと一緒に作ろう♪ 簡単可愛い手作りお菓子♪イースターエッグのケーキポップの作り方。レシピ付き♪

というわけで、2017年のイースターは、4月16日の日曜日だそうです。

イースターの最大の特徴は、移動する祭日であることです。

毎年日付が変わります。

春分の日の直後の満月の夜から数えて、最初の日曜日

がイースターとなります。

時には3月だったり、4月だったりするってことですね。

2016年、去年は、3月27日でした。

とてもややこしく感じますが、春分の日の後の満月の日さえわかれば、簡単ですね♪

そして、、、

イースターといえば!

イースターエッグ!!

前回、ゆでたまごやガチャカプセルなどを使ったイースターエッグの作り方をご紹介させていただきましたが、今回は、本物の卵の殻のみ(中身なし)で作る方法を、ご紹介をさせていただきますね♪

本物の卵で作ってみたいが、ゆで卵を使うと、長い間飾っておけない。

インテリアとして、しばらく飾っておきたい。

でも、卵の中身って、どうやって抜くの???

殻が割れちゃうんじゃない???

とお悩みの方、今回はその中身の抜き方についてご説明させていただきますので、是非試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

では早速作り方に参りたいと思います。

卵の殻の中身の抜き方

用意するもの

◦生卵

◦針(ゆで卵用の卵の穴あけをお持ちの方は、それでもOK)

◦つまようじ

◦中身を受ける容器

作り方

①卵と針をきれいに洗っておきます。

②針で卵の上と下に穴を空けます。私は百均の卵の穴あけを使用していますが、縫い針や安全ピンでもOKです。必ず上下に二つ開けてください。

③このままでは穴が小さいので、つまようじを差し込んだり、少し穴の端を欠けさせたりしながら、下の穴を広げます。直径3~4ミリくらいまで広げれば大丈夫かと思います。割れないように注意してください。上の穴は小さい穴のままで大丈夫です。

④つまようじで中の黄身の膜を破り、つぶすように、中身をついたり、かき混ぜたりします。しっかりとつぶしておいてください。

⑤卵の中身を受ける容器を用意し、そのうえに卵を構え、上の小さいほうの穴に口をつけ、卵の中に思い切り息を吹き入れます。すると、下の穴から卵の中身が噴き出すと思いますので、中身がなくなるまで続けてください。

噴き出さなかった場合は、穴が小さすぎたか、黄身の膜が破れていないと思いますので、再び③か④をしてから、試してみてください。

⑥空っぽになった卵に、穴から水をいれます。数回振ってから、先ほど中身を息で出したように、息を穴から吹きかけ、水を出します。これを数回繰り返し、中身をきれいにします。

⑦乾かしたらペイントして完成です♪

コツをつかむまでは、殻を壊してしまいそうで怖いですが、何回かやっているとなれますので、是非お試しあれ(^^♪

クックパッドにも載せています。↓ ↓ ↓
Cpicon イースターエッグ♪卵の中身を抜く方法 by りんご♪*+。

割れるのが心配な方は、プラスチックの卵がおすすめです。エッグハントなどしてみてはいかがでしょうか?

それでは、楽しいイースターをお過ごしくださいね♪
最後までお付き合いいただきありがとうございました(^^)

See  You♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村