イースターエッグDIY① 作ってみよう♪ 本物の卵を使用した作り方から~お家ですぐできる簡単お手軽な方法まで♪

前回、イースターのお話と、イースターに食べるパン、ホットクロスバンズのご紹介をさせていただきました。

詳しくはこちら ↓ ↓ ↓

イースターって何?2017年はいつ?イースターに食べるパン。HOT CROSS BUNS(ホットクロスバンズ)ってどんなもの? レシピ付き♪

スポンサーリンク

イースターといえば!

イースターエッグ!!

ということで、お家で簡単にできる、イースターエッグDIYのご紹介をさせていただきます。

作り方の説明の前に、初めての方のために、前回も書かせていただきましたが、イースターって何?いつ?について、触れさせていただきたいと思います。

もう知ってる!読んだよ♪という方は、スキップしてくださいね(^^♪

イースターってなぁに???

日本でイースターといえば、クリスマス、ハロウィン同様、皆で楽しむイベントの一つです。

ディズニーランドや、USJなどでのイベントが有名ですね♪

キリスト教徒の方たちにとっては、とてもとても大切な行事です。なぜならば、キリストの復活をお祝いする行事だからです。

イースターを日本語でわかりやすく言うと、キリストの復活祭ですね♪

キリストは弟子の裏切りにあい、はりつけの刑にされ亡くなってしまったのですが、三日後に復活するという予言を残しました。そして、予言通り復活したことをお祝いする行事のようです。

このことやほかの由来について深く話すと、長くなりすぎてしまいますので、ご興味がおありの方は、一度詳しく調べてみてくださいね。

この日、キリスト教徒の方々は、家族みんなで卵をたっぷり使ったごちそうを食べ、お祝いします。

キリスト教では、卵 = 命の誕生の意味を持つ ということで、とても重要です。

お料理だけでなく、子供たちはイースターエッグというカラフルな卵を作ります。

ゆで卵に皆で思い思いのデザインや色を塗り、それをお庭に隠して探す、イースターエッグハントをして遊びます。

他にも、スプーンの上にイースターエッグをのせ、みんなでよーいドン!っと走って競う」、エッグレースや、卵を転がして遊ぶエッグロールなど、イースターエッグを使った遊びで盛り上がります。

もう一つ、イースターといえば欠かせない存在.

それはイースターバニーです。

うさぎは子だくさんなことから、命の象徴とされています。

エッグハントをするときも、イースターバニーに扮してお庭に隠した卵をみんなでさがしたり、、、とても楽しそうですね♪

是非、お子様と一緒に遊んでみてください♪

イースターっていつ???

イースターの最大の特徴は、移動する祭日であることです。

毎年日付が変わります。

春分の日の直後の満月の夜から数えて、最初の日曜日

がイースターとなります。

時には3月だったり、4月だったりするってことですね。

2017年のイースターは?

4月16日の日曜日だそうです。

ちなみに、2016年、去年は、3月27日でした。

とてもややこしく感じますが、春分の日の後の満月の日さえわかれば、簡単ですね♪

インターネットで イースター 2017 いつ? など検索すれば、教えてもらえたりもしますよ♪

では、イースターエッグを実際に作って、みんなでエッグハントやエッグレースなどを楽しんでみましょう。

イースターエッグの作り方♪

まずは、本物の卵を使ってイースターエッグを作る方法。

★ 材料 ★

食紅         お好みの色。

水          卵が浸るくらい。

色うつりしない容器  作りたい色の数だけ。

固ゆで卵

マジックやアクリル絵の具、マスキングテープ、シールなど飾りつけに使うもの。

★ダイソーのペイントマーカーが色も豊富で発色も良く、お子様にも扱いやすくておすすめです。

★ 作り方 ★

① 色うつりしない容器(金属製のボウルや、使い捨ての容器でもよいですね♪)に固ゆで卵を入れ、卵がひたひたに浸かるくらいまで水を入れる。

② 食紅を入れ、良く溶かす。

③ 2時間くらい(できれば一晩)つけておき、しっかり色がついているか確認をし、色水から取り出し、キッチンペーパーの上で、よく乾かす。

④ そのままでも可愛いですが、お好みでデコってみましょう。マジックや、アクリル絵の具で絵をかいたり、シールやマスキングテープで飾ってみたり、お子様と一緒に楽しめますね♪

⑤ウサギの耳を折り紙で作ってつけて、イースターバニーにしてみても可愛いですよ♪

使った後は、おいしくいただきました♪

底に穴を開けて、白身と黄身を出して使うという手もあります。

本物の卵は、、、

持ち運びたいんだけど、、、

という方の為に、簡単お手軽、卵を使わない方法もご紹介しますね♪

ガチャガチャのカプセルを使った、イースターエッグの作り方。

ここでは2パターンの作り方をご紹介します。

★ 材料 ★

ガチャガチャのカプセル

アクリル絵の具

木工用ボンド

折り紙

★ 作り方 ★

~アクリル絵の具編~

① アクリル絵の具で好きな色を塗る。乾かして更に二度塗りし、模様を描く。

↑ 一度塗りの様子。二度塗りすると、透け感がなくなります。

② この手順は省いても良いですが→しっかりと乾かしてから、木工用ボンドを筆で薄く塗りコーティングする。持ちがよくなります。

お顔を書いてみました♪

~折り紙編~

① 細かくちぎった折り紙を、ちぎり絵を作るときの要領で木工用ボンドを使い、貼っていく。

② 隙間なく貼れたらよく乾かし、木工用ボンドを指で薄く塗り、乾かす。すると表面が滑らかになります。

卵を使わなくてよいので、安心です。

もっとお手軽に作りたい方は、粘土で作ってしまうという手もあります。

とても簡単で、小さなお子様も大好きな粘土遊びで、家族みんなで楽しめますね♪

粘土を使ったイースターエッグの作り方。

★ 材料 ★

小麦粘土や、紙粘土、フワフワ粘土などお好みで。

真っ白の粘土の場合は、色を付けるのに、絵の具。

① 粘土で卵の形を作る。色を混ぜると、マーブルなども簡単にできますね♪

② よく乾かし、お好みで模様をつけたりする。ニスを塗っても♪

どうでしょう?簡単ですね(^^♪

特に粘土の方なら、百均で材料をそろえてすぐにできると思います。

お子様も安心ですので、是非トライしてみて、楽しいイースターを過ごしてくださいね♪

もし、作るのが面倒、うまくできるか心配、、、という方には、ネットショッピングで気軽に買うこともできますよ(^^)

真っ白な卵のカプセルを買って、自分でペイントを楽しんでも良いですし、カプセルになっているので、中にキャンディーやチョコレートをいれて、宝探し感覚で楽しむのも良いですね。

お子様たちは大喜び、間違いなしです(^_-)-☆

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

良いイースターを(^^♪

See You ♪

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村