手作り水出しコーヒーにオススメ。HARIOハリオのフィルターインボトル使い方とレビュー♪おしゃれで機能的なワインボトル型。お茶や紅茶、ハーブティーにも♪

だんだんと暑くなってきて、アイスコーヒーが美味しい季節になってきました♪

わがやは毎日アイスコーヒーを飲むので、毎年ずっと家で手作りしています。

いつもは、布フィルターで作っていたのですが、急冷しないとコーヒーが濁ってしまうのです。

しかし、濃い目が好きなので、氷の入ったところに落とすのは嫌。

そこで氷の入ったボウルなどに出来上がったコーヒーをしばらく漬けて冷やしてから冷蔵庫に入れていたのですが、氷の消費量が半端ない(^_^;)

そこで、この夏は水出しコーヒーを試してみることにしました♪

最初は、家に合った普通のお茶ポットで作ってみたのですが、やはりコーヒー豆を捨てる際の処理が大変。結局紙フィルターの上に濾して、落ちるのを待たなければなりません。

なにかいいものはないかなぁ?と探していたところ、とてもスタイリッシュなフィルター付きのコーヒーボトルを発見しました♪

スポンサーリンク

ハリオ フィルターインボトルの楽しみ方♪水出しアイスコーヒーやお茶に♪

フィルターインボトルの中身は、、、

見た目もとてもかっこいいのですが、中にフィルターがついているので、これなら簡単に後処理ができそう!というのが購入の決め手でした。

欲を言えば、750mlなので容量がもう少し多いといいなと思います、、、(^_^;)

ガラス製のボトルなので匂いがつきにくいのは良いですね♪

蓋はシリコン製で耐熱温度180度。食洗器対応なのもうれしいポイントです。

ハリオの製品はコーヒーメーカーをはじめ、我が家でも愛用していますが、シンプルで使いやすいデザインがお気に入りです♪

部品をばらすとこうなっています。

かわいいラベルシール付きでした♪

ただ、コーヒーのラベルなので、お茶に使われる方は、このラベルがはじめからついているということを念頭に入れておいた方がよさそうです。

説明書にレシピもついていましたよ♪早速この通りに作ってみたいと思います♪

オススメのお買い得なアイスコーヒー豆♪

この日の為に、アイスコーヒー豆も注文しておきました。 

わがやは、豆の消費量が多いので、毎年この季節になるとこちらを愛用しています。

500gが4袋の計2キロですが、2セット分4キロ購入すると、500gのおまけがついてくるのそうなので、今回は2セット購入してみました。

これでこの夏も、コーヒー豆を買いに行く手間が省けました。結構すぐになくなるので、買いに行くのも面倒なので助かっています。

コーヒー豆の保存に。WECKのキャニスター。

コーヒー豆は、いつもWECKに入れて使用しています。


ガラス蓋ではなく別売りの、密閉できる木蓋を使用しています。

この形の、この容量のものが、コーヒー豆にはちょうど良いです。

丸みをおびているので、コーヒーのメジャリングスプーンもすっと入ります。以前はこれと同じサイズの丸みの帯びていないストレート型のものを使用していましたが、たったこれだけの形の差で、スプーンがコーヒー豆に押されて奥まで入りにくく、不便でした。

今ではコーヒークリーマー入れになっています。

水出しアイスコーヒーの作り方♪

さて、話を戻しまして、早速水出しアイスコーヒーづくり♪

可愛いボトルで、楽しさも倍増します♪

まずは、フィルターの構造。

このように、長細い下の部分にコーヒー豆を入れて、上に蓋をします。この上の蓋は、シリコン製の注ぎ口とくっつくようになっており、コーヒー豆が漏れないように上蓋にもメッシュ部分がついているという構造です。

下のフィルターにコーヒー豆を55g入れます。

55gは、ハリオのコーヒー豆用のメジャリングスプーン8杯分でした。

上蓋を、シリコン製の注ぎ口にはめます。

これがちょっとはめにくいかも、、、。茶色なので見にくくて余計にはめづらかったです。

きっちりとはめ込んだら、コーヒー豆を入れたフィルター部分を合体させ、ガラスボトルとくっつけます。

シリコンなのでかぶせる感じで、簡単に抜けてしまわないか心配になりましたが、ぴたっと密着して動きませんでした(^^♪

注ぎ口からゆっくりと水700ccを注ぎます。

水出しコーヒーは、使用する水でかなり出来上がりのお味が左右されますので、できるだけカルキ臭の少ないものを。ミネラルウォーターを使用する場合は、軟水がおすすめだそうですよ♪

細いので入れにくいかな?と思いましたが、大丈夫でした。

ドリップするときのように、コーヒー豆がつっかえて、ちょっとずつしか入らないものと思っていましたら、どんどん入っていきます。使いやすい♪

水の量も、事前にはかっておく必要はありませんでした。

ガラスボトルの側面に、印がみっつついていて、一番上から、750ml、600ml、400mlになっていますので、その印に合わせて注げばOK♪

あとは軽く左右に振ってコーヒー豆と水を馴染ませ、冷蔵庫で8時間以上抽出したら完成です(^^♪

新鮮な豆は抽出に時間がかかるので、焙煎したてなどの場合、1日以上置いて下さい。

見た目も可愛くて、なかなかの使い心地。出来上がったコーヒーを注ぐときも液だれしませんし、ずっとコーヒー豆が入っているのが気になる方は、フィルターだけ取り外すこともできます。豆を捨てるのも、ラクチンです(^^♪

ただ一つ、難点があるとすれば、シリコン蓋とストレーナーがはめにくいことでしょうか(^_^;)

ちゃんとはめておかないと、ボトルの中に落ちてしまいますし、しっかりとはまっていることを確認することが重要だと思いました。

でもやはり、私的には、とてもオススメです♪

皆さんもこの夏は、可愛いボトルで水出しコーヒーづくりを楽しまれてはいかがでしょうか(^^♪

コーヒー用でなければ、中のコーヒー豆を入れていたフィルターがなく、注ぎ口のところにフィルターがあるタイプがおすすめです。こちらの方が、コーヒーボトルより安く買えます♪

300mlのパーソナルボトルもありましたので、そちらは、毎日たくさん飲まないハーブティーやサングリアなどに良いですね(#^^#)

その他のハリオフィルターインボトルについての記事はこちら↓↓↓

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク