ナスの葉っぱが枯れた!犯人はテントウムシダマシ。トマトにも伝染した被害と割りばしとスプレー薬剤での駆除のようす。

今年は今までで一番茄子の育ちがよく、実もよくついて喜んでいたのですが、、、

ある日、カスカスに枯れ始めている葉っぱがあることに気づきました。

下の方の葉が元気がなく、上の方は元気な葉っぱの方が多かったので、きゅうりも同じく根元の方の葉が黄色くなり始めていたので、詰めて植えすぎたのかな?とあまり気にしませんでした。

すると数日後、元気なナスの葉がほとんどないっていう位、カスカスに(;゚д゚)

たくさん穴も開いています。何かに食べられている?と、先日ヒマワリに大量発生したアワダチソウグンバイムシのことを思い出し、よーく見てみると、、、。

何これ気持ち悪い〜(ノД`)

毛虫みたいな、ヒメマルカツオブシムシの幼虫のような、それよりひとまわり大きい白いものがたくさんいるではありませんか!

虫大嫌いですが、正体のわからないものほど怖いものはないので、恐る恐る調べてみると、、、

テントウムシダマシという虫の幼虫だとわかりました。

スポンサーリンク

テントウムシダマシとは?

ナスやジャガイモについて、被害をもたらす虫として有名な虫でした、、、。

葉の裏に産卵し、ものすごくたくさんの卵を産み繁殖するそうで、見た目がテントウムシのような色形をしていることから、この名前がついたようです。

そういえば、何匹か葉っぱの上にいるのを水やりの際に見ました、、、。

テントウムシだとばかり思っていました、、、。

よく見ると、全然違いますね(^-^;

テントウムシは肉食で、アブラムシを食べてくれる益虫なのだそうですが、このテントウムシダマシは草食で、葉をすごい勢いで食べてしまうそうです。

その為、光合成が出来なくなり、木を枯らしてしまったり、実が変形してしまったりするそうです。

テントウムシダマシの駆除と対策

早速やっつけねば!と見える範囲のテントウムシダマシの幼虫は、地道に割りばしでつかんで潰し駆除したのですが、やはり繁殖力がすごいようです。

2日後にはこんな状態に、、、。

うん。もう枯れそう。

モタモタしている間にたった2日で被害はすべての葉に。

そして、被害は隣のトマトの葉にまで侵食していました。

そこで、割り箸を用意して、一つ一つつまみ潰していくことにしました。

とって潰すとオレンジ色の汁が出て気持ち悪い、、、とくにでかいやつ、、、。

ペットボトルに水を入れてその中に落とすという方法を読み試してみるもキリがないわで、結局、薬剤をまくことにしました。

ホームセンターでこのようなスプレータイプの薬剤を買ってきました。

これは、収穫前日まで使えるそうです。

効きますように、、、!とふりかけてみたら、、、ぽとぽと落ちました!

ちょっとは効いてるのかな?

ただ、このスプレー、裏の注意書きにテントウムシダマシムシの名前が書いていなかったのでちょっと不安でした(^-^;

ちゃんと対応しているものを買った方が、確実だと思います。

(次の日またうじゃうじゃいたので、効いてるのか、生き残りなのか、よくわかりません(^-^;)

今回、ホームセンターで探したけれど見つからなかったのですが、このスプレー剤は裏にテントウムシダマシムシ類と、ちゃんと名前が載っていました。

結局、後日見つけてこちらを購入しました。ただ収穫の7日前までしか使えないので注意。

ナス、楽しみにしていたのになぁ、、、。ちょっとの油断でこのようなことになるとは。

以前住んでいた場所は駅近の住宅街だったせいか、あまり虫の被害はなかったのですが、山手に引っ越してからというものよく虫に悩まされている気がします(^-^;

皆さんのおうちのナスは大丈夫ですか??

もしこのような虫を見かけたら、是非、早めに駆除して下さいね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク