100均DIY♪手作りで自分好みの時計の作り方。男前インテリア、シャビーシックetc…おうちの雰囲気に合わせて♪お子さんの夏休みの工作にも♪

ずっと洗面所に時計がほしいなぁ、、、と思い続けて半年。

わがやは女子が多いので、洗面所で身支度を整えたり、髪を結ったり。そんな時、やはり娘たちも時間が分からなくて不便。という意見が出ましたので、洗面所の雰囲気に合う置時計を作ってみました♪

わがやの洗面所は白を基調としたナチュラルな雰囲気なので、その雰囲気をこわさない、壁と同化した感じの白い可愛い時計が欲しいなぁ、、、と思っていたのですが、なかなか見つからず。

はじめは、キッチンにもかけてあるCovento gardenの掛け時計の白を買おうかな?と思っていましたが、、、送料入れると3800円位と、ちょっと高いなぁ、、、とずっと悩んでおりました(^_^;)

でもやっぱり可愛い(^^♪

また楽天ポイントがあるときにでも買おうかな、、、(+_+)

とりあえず、今すぐ時計が欲しいということで、近所の雑貨屋さんなども見回りましたが、なかなかこれ!というものに出会えなかったので、作ることにしました。

一度作ってみてコツをつかめば、とても簡単。

危ないので、穴あけさえ大人が行えば、中学年~高学年のお子様の夏休みの工作にも向いていると思います♪

スポンサーリンク

手作り時計の作り方

今回使用するのは、100均のフォトスタンドと、ミニクロック。

素材は何でも好きなものを使ってくださいね(*^^*)

壁掛けの時計のほうが、 バラしやすいです。

土台はフォトスタンドをえらびましたが、プレートでもなんでも穴が開けられるものであれば大丈夫です。かたい物はドリルをお持ちでしたら、穴をあけることができます。

このフォトスタンドは、コルクボードで出来ているので、キリでも穴をあけることが出来ます。

クリアカバーを外しコルクボードのみにしました。

時計をばらす

時計をばらしていきます。ネジを緩めて中を開けます。真ん中の黒い四角の部分を外します。

タイマー機能は今回要らないので、必要なのは四角の機械部分と、秒針、短針、長針です。

前面のガラスもバラして針を取ります。爪で止まっていました。

穴をあける

フォトスタンドの真ん中に穴をあけます。

コルクなので、キリで少しずつ開けても良いですが、プレートなど固い素材だとドリルが必要になります。

私は楽なのでドリルを使っています。

ドリルチャックに時計の通す部分の直径より、少し小さめのドリルビットをつけ、少しずつ穴を大きくしていきました。

具体的に、どのくらいの大きさの穴をあけるかというと、、、。

まず、時計の針はこんなふうにくっついています。

この、重なる針の(今回目覚ましタイマーの針がありましたが、使わないので取りました。)一番下から下の四角の間までを、土台に通します。

そこが通るくらいの穴に、調整していきます。

組み立てる

このように、裏から通して、、、

前に針をつけていきます。

ぐらぐらせず、緩いですがカチッとはまる場所がありますので、そこにはめてみてください。

はまっているかどうかは、裏側の時間合わせのつまみを回せば確認することができます。

ちゃんとはまっていてれば、このように針と針の間に隙間があり、グラグラせずまっすぐについていると思います。

最後に、ボンドやマステで機械部分をしっかりとくっつけます。重さがあるのであればL字を下につけたりして支えるとしっかりします。

自分好みにカスタマイズ♪

このままでも良いのですが、さらにわがやの洗面所に同化させるために、同じ壁紙を貼ってみることにしました。

同じ壁紙を使って、コルクの部分を変えていきます。

切って両面テープでぴったり貼って、、、

木の部分をペイントしました♪

壁紙は、楽天の壁紙屋本舗さんのサンプル壁紙です。いろいろと活用できて、おすすめ♪

A4サイズが一枚数十円で買えますので、壁紙選びの参考にしたり、壁の補修や工作などにも使え、とても良いです。

文字盤をつけたら完成です♪

文字盤は、セリアのレジンパーツを使用しました。

数字のものと三種類くらいありましたよ♪

数字が足りないので余っているプレートをカットして作り、残りは同封されていたパーツを適当に貼りました。木工用ボンド使用です。

インテリアに合わせて、好みの素材でつくれば、オリジナルの時計が作れますね(^^♪

これはセリアの箱と取っ手と数字プレートと要らなくなった時計を使っています。

このようなプレートや、メッシュ、木製の鍋敷きなど、、、穴さえあけられれば、何でも時計にすることが出来ます。

ご興味おありの方は是非トライしてみてくださいね♪

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク