Enjoy ★ Christmas !!

クリスマスインテリア、雑貨DIY、クリスマスアイデアなどはこちらから↓↓↓

クリスマスアイデアまとめをCheck!!

【ホテル ルミエール西葛西のレビューと口コミ】ディズニーやお台場観光に家族みんなで連泊するのに安くておすすめ!車で行くなら事前に知っておくと良いポイントもご紹介。

おでかけ♪

【お台場 東京観光に!車でのディズニー家族旅行に!おすすめホテル ルミエール西葛西のレビュー&口コミ】

先日、旅行の際に利用したホテル ルミエール西葛西。

東京ディズニーシー&ディズニーランドへ、車で15分。

お台場へは、車で19分。

大手町(東京駅)へ、電車で15分。

というアクセスの良さも魅力ですが、お値段が安くて家族みんなで利用するのにとても助かりました!

1泊素泊まり2,000円台から宿泊でき、何と簡単な朝食バイキングが無料でついてきます♪

総勢5人で連泊利用したのですが、幼稚園児は幼児添い寝無料、小学生は大人料金で、連休ど真ん中だったのにもかかわらず、一人1泊 5,700円で宿泊することが出来ました(#^^#)

添い寝は未就学児のみ。1ベッドに付1名様迄。

家族連れ、車での移動を中心に東京観光やディズニーに行かれる方にとてもおすすめです♪

近くに姉妹店のホテルルミエール葛西もあります。間違えないよう注意!

 

>>>ホテル ミエール葛西の情報&宿泊空き情報をじゃらんでチェックしてみる。

 

【ディズニーパスポートケースの作り方】100均材料で簡単手作り!可愛いミッキー&ミニーの形のカード入れDIY!フェルトとカードケースで簡単♪
大人も子供大好き! ディズニーランド&ディズニーシー♪ もうすぐ、ディズニースカイという、空をテーマにしたパークも新設予定だそうですが、私はランドしか行ったことがありません(^_^;) 子供達も、ミッキーやアリエルに会いた...続きを読む

実際に利用してみて良かった!と感じたおすすめポイント

優しいスタッフさんたちと、美味しい無料の朝食&ドリンク

サービスが良く、接客対応がとても丁寧。スタッフさんが皆、優しかったです(#^^#)

事前に電話で質問させていただいた際も、とても親身になってくださいましたし、夜は無料のお茶のサービス、朝は無料のテイクアウト用のカップ付きのコーヒーサービスが1階に設置されていました。

朝食も無料とは思えない、ちょうどよい量と種類。

迷いすぎて食べ過ぎることもなく、物足りないこともなく、さっと食べれてとても美味しかったです♪

メニューは・・・
クロワッサン、抹茶パン、カレーパン、バターロールなどの数種類のパンと、ウインナー、スクランブルエッグ、ポテトサラダ、ヨーグルト、グラノーラ、コーヒー、紅茶、牛乳、オレンジジュースなどでした。

 

充実した設備&施設情報

空っぽの冷蔵庫、電子レンジ、ドラム式洗濯機、ドライヤー、IH調理のミニキッチンなどの設備がお部屋に充実しています。

 

>>>ホテル設備などをフォトギャラリーで見て確認してみる。

 

洗剤はフロントで50円。洗濯する気でいくなら、家から持参しても良いかもしれませんね(#^^#)

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディタオル、歯ブラシなど、大体の物はそろっていますが、メイク落とし、スキンケアなどのセットはありません。

忘れたらフロントで350円で購入することもできますし、目の前のコンビニで購入しても。

子供用の歯ブラシ、パジャマや、ブラシ、麺棒などは、1階のエレベーター前で無料配布されています。

子供用パジャマが夜は切れていることもあったので、ない場合はフロントで要確認です。

お部屋は大人数のファミリープランだと、セミダブル+シングル+エキストラベッドの3つをつなげておいてくれますので、狭いと感じることはありませんでした。

(通路は少し狭いですが(^_^;))

このホテルには、シングルルームとツインしかないのですが、小学生以上(添い寝でない子供)が3人以上になると、21㎡のツインルームにベッドをひとつ足したお部屋になるようです。

カップとお茶のサービスもありますが、場所がちょっとわかりにくかったです。

テレビの前の引き出しの中に、完全にしまわれていましたので飲みたい方は引き出しチェックしてみてくださいね♪

墓の施設情報としては、宿泊料金は精算機で前清算。

喫煙所は立体駐車場の所に一箇所あり。

二階にランドリー(乾燥機)と自販機。

といったところです(#^^#)

 

>>>ホテル ルミエール西葛西の詳しい施設基本情報をじゃらんでチェックしてみる。

 

立地が良い。

目の前にコンビニ、周辺には歩けばすぐファーストフードやファミレスなどもありました。

首都高速湾岸線の葛西で降りてすぐですし、ディズニーやお台場、房総半島にも行きましたが、どれもホテルから車で行きやすかったです。

 

>>>ホテル ルミエール西葛西へのアクセス&周辺マップ情報はこちら。

 

惜しかったポイント。事前に知っておくと◎な情報

ディズニー行くなら渋滞に注意!迂回路を事前に調べておこう!

ディズニーランド&シー目的であれば、シャトルバスなどは出ていないので注意。

車で行くにはとても良い立地ですが、ナビやグーグルマップで案内される最短ルートはとにかく渋滞します。(下の画像の青い経路)

ディズニーまで15分、20分と表示が出るので行ってみると、途中、渋滞で動かなくなり、結局、ぐるっと回って浦安を通り抜ける道へ逃げました。

上の画像のグレーの経路。実際には、橋を渡ってからの右折は道が狭そうだったので、黄色い線や電車の通っているあたりを抜けていきましたが、、、。)

最初から、迂回していくか、混みだして動かなくなれば、川の上の方の橋を渡るルートに変えると良いと思います。

渋滞に巻き込まれると、15分どころか1時間以上かかってしまうかも、、、(^_^;)

駐車場は有料で、予約早い者勝ち。止められない車種もあるので注意。

ホテルには駐車場がありますが有料で、1日1500円でとめることが出来ます。

エレーベーター式の立体駐車場と平面駐車場が何台分かあるのですが、ご利用の車種によっては立体駐車場に入らないことも。

エスティマ、ハイエースなどは入らないので、平面に止めるのですが、、平面駐車場の台数が少なく、混雑している日はすぐにいっぱいになってしまうようです。

 

その場合は、周辺のコインパーキングに停めるしかありません。

コインパーキングはたくさんあるので停められなくて困ることはないと思います。とホテルの方もおっしゃっていたのですが、確かにたくさんありました。

大体、最大1日1500~2100円位なので、事前に安くて近いところをいくつかチェックしておくと安心。

ホテルの立体駐車場を利用する場合は、駐車場に入ったところ、正面の灰皿のある喫煙コーナーのあたりにインターホンがありますので、これでホテルスタッフさんに来てもらい車を入庫します。

夜暗いと、ちょっとわかりにくいかもしれません。

駐車場のことなど、事前に電話で色々と質問してもスタッフの方は優しく丁寧に教えてくださいますし、立体駐車場の対応車種など下のリンクのよくある質問→駐車場についての所から確認できますので、チェックしておくと安心です。

 

>>>ホテル ルミエール公式ホームページ よくある質問のページ

 

駐車場や渋滞などの問題は少しありましたが、ホテル自体はきれいでスタッフさんの対応がとてもよく、お値段はかなりリーズナブル。

できるだけ安く、家族みんなで泊まりたい。

車でお台場やディズニー、スカイツリー見物など、連泊して色々といってみたい。

という方にはぴったりなホテルだと思います(#^^#)

 

>>>ホテル ルミエール西葛西の宿泊プラン一覧

 

>>>周辺観光情報 ディズニーやキッザニア東京など♪

 

こちらもおすすめ!ディズニーパートナーホテル浦安ブライトンホテルレビュー↓↓↓

家族でディズニー行くなら!【浦安ブライトンホテルのレビューと口コミ】車利用なら駐車場無料プランでシャトルバス利用がおすすめ!ホテル直結の駅からも舞浜まで3分!
JR京葉線・武蔵野線新浦安駅直結。 JR東京駅より快速で約17分。 東京ディズニーリゾート(R)まで無料シャトルバス直行。 ディズニーリゾート前の舞浜駅まで電車で3分と、ディズニーランド&シーに行くならアクセスバッチリ! ...続きを読む

千葉近郊の観光情報はこちら↓↓↓

千葉 房総半島のおすすめスポット【ばんや】のレビュー。鋸山観光のランチにもオススメ!ボリューム満点新鮮海産物や定置網漁,海中遊覧透視船,温泉も楽しめる!
おいしい採れたて海産物がリーズナブルなお値段で豪快に味わえる、千葉県房総半島にある「ばんや」に行ってきました。 ばんやは漁港の真横にある、お食事、温泉、定置網漁見学、遊覧海中透視船などを体験できる、保田漁協直営のオススメ観光スポットです。
絶景スポット!房総半島にある鋸山&日本寺 階段を出来るだけ避けて観光する方法は??SNSでも話題の撮影スポットの展望台と百尺観音見物がオススメ!
房総半島にある鋸山、日本寺に行ってきました。 【ばんや】というおいしい海産物が食べられるオススメスポットでお昼ご飯を食べた後に立ち寄ったのですが、そこで出会った観音様の圧巻の佇まいに、とても感動しました。 この観音様の周...続きを読む

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

おでかけ♪
スポンサーリンク
りんごをフォローする
スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
雪見日和

Comment