水出しコーヒーが薄い!?濁ってしまう原因、理由。おいしい濃いアイスコーヒーの作り方。布フィルターを使った方法と、ハリオのフィルターインボトル。

我が家は夏になると、毎日たくさんのアイスコーヒーを飲みます。

そして、アイスコーヒーは濃いめが好み。

なので、いままで布フィルターでつくっていたのですが、たまに濁ってしまうのです。

濁ってしまうとえぐみがでて美味しくなくなってしまうので、とても悲しい、、、。

そこで、今年は水出しアイスコーヒーに挑戦してみたのですが、一度目は美味しく感じたのですが、二度目以降から薄く感じるように。

なぜ?はじめは美味しくいれれたのに、どうして味が変わったの?

みなさんはこんなことありませんでしょうか(^_^;)?

今年の夏も、美味しくアイスコーヒーを楽しみたいので、調べてみたところ、意外な落とし穴がありました。

今回は、、、

アイスコーヒーを美味しく作る方法。

布フィルターでいれるアイスコーヒーの作り方。

水出しコーヒーを美味しく作る注意点。

そして、、、

同じ作り方でも、なぜ薄く感じるコーヒーができてしまったのか

アイスコーヒーが濁る理由。

についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

水出しコーヒーが薄い!?水出しコーヒーを美味しく作る注意点。

ハリオフィルターインボトルでアイスコーヒーを

今年初めて水出しコーヒーに挑戦してみようと、こちらのハリオのフィルターインボトルを購入しました。

とてもお洒落で機能的♪

届いてすぐ、材料はそろっていませんでしたが、とりあえず作ってみたかったので、余っていた普通のホット用のコーヒー豆と水道水で。

説明書に書いてあった通り、豆55gに対し、水700mlを入れ、待つこと一晩。

とても美味しいアイスコーヒーができて感動(#^^#)

濃さは布フィルターには劣りますが、すっきりとしたあじわいで飲みやすく、濃いめ好きの私でも薄いとは感じませんでした。

水出しコーヒーが薄い!?

次の日、待ちに待ったアイスコーヒー用の豆が届き、ミネラルウォーター(軟水)も買ってきて、余り物の豆と水道水よりもっとおいしくできるはず♪

とはりきって作ったのですが、、、。

一晩置いて、次の日の朝。

、、、なんか薄い!

昨日はおいしくできたのに、なぜ??

同じ作り方。同じ置き時間。同じ環境なのに、明らか薄いのです。

水道水よりおいしくなるはずなのに、ちゃんと軟水を使っているのに何故だろう?と疑問に思い、調べてみた所、豆が原因だったようでした。

新鮮な豆は抽出時間を長く。

注文して届いたばかりのアイスコーヒー用の豆。

この豆に薄くなってしまう原因がありました。

豆が新鮮なほど、水が浸透しにくく、抽出に時間がかかるのです。

注文した豆は、焙煎したての豆。ハリオの説明書には、8時間以上置く、とありましたが、丸1日以上置かないといけなかったようなのです。

一方、はじめに作ったのは家にあった新鮮ではない豆。なので一晩でおいしくできたのかな?と思います。

しかしながら、新鮮な豆で時間をかけて抽出したコーヒーはとてもおいしいそうです(*^^*)

はじめのうちは特に時間がかかるかもしれませんが、ゆっくり待つことにします♪

でも、一晩で出来ないなら、ボトル一本では追いつかないので2本目を購入しないと、、、。

これで、また、おいしい水出しコーヒーを飲むことが出来そうです♪

コーヒーが濁る?原因は?

布フィルターでいれるコーヒーはとても美味しいのですが、しょっちゅう濁って不味くなってしまうのが悩みでした。

せっかく楽しみにしていたのに、その一回分、美味しく飲めないと悲しいです。

この濁る原因は、コーヒー豆の渋み成分クロロゲン酸がホットだと溶けてなんともないのですが、温度が下がることでカフェインと結合することにより起こるそう。

防ぐにはとにかく急冷するしかなさそうです。

となると、氷の入った器にコーヒーを落とす事になりますが、薄くなるので私はあまり好きではありません

大量の氷水に出来たコーヒーのいれものごと漬けて、冷えてから冷蔵庫。が良さそうです。

氷がたくさん要りそうですね(^-^;

冷蔵庫でゆっくり冷やしていては、ゆっくり温度が下がるので、どんどん濁ってきてしまいます。

布フィルターでいれる濃いアイスコーヒーの作り方。

布フィルターでいれるコーヒーは、水出しコーヒーとはちょっと味が違います。

布フィルターでの抽出はネルドリップと言われ、滑らかな口当たりが特徴で最高の抽出方法とも言われています。

とてもコクと深みがあり、なんとも言えない美味しさです。

私が普段いれている、とても濃く出来る、レシピをご紹介します。お砂糖入りも美味しいですよ(*^^*)

材料

アイスコーヒー用の豆         150g
お湯        2100cc(出来上がり量は1680cc)
砂糖ありの場合、砂糖         110g

私はこの下にやかんなどをセットして使っています。
お湯は、このような先の細い電気ケトルで沸かし注いでいます。

作り方

① 布フィルターに一度お湯を通してから、できるだけ固く絞って水気を切り、ひろげてセットします。(初めて使う際はお湯で軽く洗って糊などをとっておく必要があります。)

② コーヒー豆を入れます。お砂糖入りの場合は、この時にコーヒー豆の上にお砂糖も入れます。

③  まず少量のお湯を、コーヒーの粉全体にまんべんなく含ませるように静かに注ぎ、20秒くらいそのまま置いて蒸らします。

④  ハンドドリップと同様に中心から「の」の字を描くように注いでいきます。3回くらいに分けて注いでいきますが、表面にできた泡の山が沈んでしまわぬうちに、次を注ぐと良いそうです。

⑤  ここで、濁らないよう急冷しなくてはなりません。受けを氷水につけながら抽出するか、出来上がったものをすぐに氷水に漬けます。中に水が入らないように注意。

出来るだけ急冷して下さい。氷のない水につける程度では、すぐに濁ってきてしまいます。

冷えたら、冷蔵庫で更に冷やしましょう。

その他のハリオフィルターインボトルについての記事はこちら↓↓↓

みなさんも美味しいアイスコーヒーで夏を楽しんで下さいね♪

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク