おすすめお掃除ロボット エコバックス(ECOVACS)DEEBOTシリーズの詳しい性能のまとめと比較。一人暮らし向けサイズからマッピング機能付き、ハンディ掃除機付きも♪

みなさんお部屋のお掃除は掃除機派ですか?ロボット掃除機派ですか??

私は以前までは掃除機派でしたが、家を建てるにあたって思い切ってエコバックスのDEEBOTというロボット掃除機を購入してからは、その良さに感動し、毎日頑張って働いてもらっています(#^^#)

そもそも、今までロボット掃除機を欲しいとは思っていたのですが、高くて買えませんでした。

電気屋さんに行くたびに、いいなぁ、、、と指をくわえてながめていました。

しかし、現行で店頭に並んでいるものは、6~9万円しますよね(^_^;)

それはお高すぎて買えない、、、と、いろいろ見ているうちに、、、

安価でレビューも良し!

ビルなどの窓掃除ロボットを製造している、世界でロボット掃除機のシェアNo.2の会社が作っているから安心!

と期待を込めて、、、こちらを発見し、購入しました。

DEEBOT DM82 です。

このお掃除ロボットのおかげで、毎日のお掃除が楽になり、家事も仕事もぐんぐんはかどるようになりました(#^^#)

購入のきっかけは、DIYしたシングルとセミダブルを足した大きさのベッドの下に、掃除機のノズルが届かなくて困ったこと。

家族みんなで眠れるサイズにしたため、真ん中の方が全く届かず、、、。けど、下からのぞくと、埃が見える!気になる、、、!というわけで、主に二階の掃除用に購入したのですが、一階LDKでも使い勝手が良かったので、毎日この子にお掃除を頑張ってもらっています。

このDEEBOT DM82の私が普段使いで実感している良いと思う点は、、、

★普通の掃除機後でも、取れなかった細かいほこりを取ってくれる。
★ゴミをためる部分が大容量で丸洗いできる。ゴミ捨てが簡単。
★タイマー機能。リモコン付き。
★自動で充電ステーションに戻ってくれる。
★充電時間が短い。
★メーカー保証の対応が素晴らしく丁寧で親切。
★音がルンバより静か。(家電量販店の店頭実演のルンバの音を聞いて感じた、個人の感想です。)
★届かない家具の下も綺麗にしてくれる。

20畳のLDKを掃除した後のゴミの取れ具合です。毎日かけているにもかかわらず、細かいほこりがこのようにたくさんとれます(^_^;)

購入後すぐに音がおかしくなってしまったことが一度ありましたが、メーカー保証で交換していただけ、その後問題なく動いています。母も持っているのですが、そちらは壊れたことはありません。

その際、メーカー側で送るときの送料もすべて負担して下さり、電話でもとても優しい対応をしていただけました(#^^#)

静音性についてですが、私の愛用しているDEEBOT DM82で56dB。静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうです♪

一方、気をつけなければならないこと。

☆大きすぎるごみ、細長いものは絡まってしまう。(配線やコード、おもちゃやヘアゴムなどに注意。)
☆充電ステーションは届く範囲に。死角に置かない。
☆同じ高さの場所(洗濯機の下など)に潜ってしまうと引っかかって出てこれなくなることがある。
☆黒い物や細い物には反応しないので、ぶつかってしまう。
☆毛足の長いカーペットだと絡んでしまうことも。

DEEBOTに限らず、他のお掃除ロボットにも言えることですが、やはり絡まるものが落ちていると故障の原因にもなり得るので、子供の小さなおもちゃや、充電コードなどを普段から片付けておくことが必要になってきます。

しかし、これは自分も子供も、普段から床に物を散らかさないという習慣づけにもなるので、私は良いことだなぁとも思っています(#^^#)

DEEBOT DM82の詳しい性能の説明とレビューについて詳しくご覧になりたい場合は、こちらに書かせていただいています。↓↓↓

>>>エコバックス(ECOVACS)DEEBOT dm82の詳しい性能の説明とレビュー

そして、エコバックスには、他にもミニサイズ、マーベルエディションの可愛いデザインの物、マッピング機能付きのものなど。色んな種類のロボット掃除機がラインナップされており、お部屋の広さや用途に応じてお好みのタイプのものを選ぶことが出来ます。

公式ホームページでは、お得なアウトレット商品や、中古再生品のコーナーもあることを、つい先日知りました(#^^#)
そんな、ルンバに劣らない性能を持ち合わせているにもかかわらず、買いやすいお値段のエコバックス製お掃除ロボットの詳しい機能などを、ご紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

使い心地や静音性が気になる方はレンタルサービスを利用してみるのも手。

こんなに安いのに大丈夫?

部屋が広いけど、小型サイズじゃ物足りないかな?

音がどのくらいなのか実際に聞いてみたい。

などなど。やはり、他社のロボット掃除機に比べてエコバックス製のロボット掃除機は安いといっても~万円台です。後悔したくない方やは2泊3日からレンタルできるので、試してみるのが良いと思います。

DEEBOT DM82を使っている私としては、使用感に非常に満足していますし、特にコスパを考えるととてもオススメだと思いますが、感じ方は人それぞれ。

実際に使ってみるのが一番だと思います(#^^#)

公式ページのキャンペーンで、購入から20パーセントオフやレンタル送料無料などのクーポンをもらえることもありますので、まずはトップページをチェックして、クーポンがないか見てみるのがおすすめです(^^♪

話題のロボット掃除機をレンタル!メーカー直営のお試しレンタル


* 以下、メーカーに問い合わせもさせていただいてまとめたものですが、お値段や性能などは時期により変更となる場合があります。詳しくは、公式メーカーホームページをご確認ください。

DEEBOT 35 d35 超薄型クリーニングロボット掃除機

まずは、ミニサイズの物から。
とことん薄さにこだわったスクエアボディのDEEBOT 35。
今までのロボット掃除機の常識を覆す、驚きの薄さ。
テレビボードや洗濯機のような、床との隙間が狭い場所でもスイスイとお掃除が可能ですね(#^^#)

また、ミニサイズなので、どの程度の部屋の広さまでお掃除で来るのか?と疑問に思い調べてみたところ、公式サポートFAQにて「家具のない状態で約70畳程度の範囲をお掃除できます」とありました

一人暮らしのお部屋やワンルームにはぴったり、ダストボックスの容量が小さいため、広いLDKには軽いお掃除補助として使えそうですね♪

超薄型ボディですが、必要な機能はしっかりと詰め込まれています。
お値段も税抜19,800円と買い求めやすいのも良いですね。


DEEBOT 35の主な機能

オートモード・・・自動運転で、何度もお部屋を往復してお掃除してくれます。
タイムスケジュール機能・・リモコンはついていませんが、スタートボタンを長押しすると、24時間ごとのタイマー設定を行うことが出来ます。
自動充電・・・充電の手間は必要ありません。
効率の良いモーター・・・DEEBOT 35に使用されているモーターは、段差や悪路でもパワフルに進むことのできる強力なモーター。
優れた静音性・・・動作音は52dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(
静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)
効率の良いスクエアボディ・・・他のロボット掃除機のように、丸い形ではなく、角の丸い四角形をしています。こうすることで、隅のゴミもとりやすくなっているようです。
8組の赤外線センサー従来のロボット掃除機には、4組しか搭載されていない赤外線センサーだそうですが、DEEBOT 35には、8組もの赤外線センサーが搭載されており、高感度となっています。
衝突防止機能・・・センサーで障害物を感知して、壁や家具などへの衝突も防いでくれます。
通り道にある障害物を検出すると避けながら清掃を行い、お部屋の隅も減速しながら清掃します。
落下防止センサー・・・階段などの段差を検知して、落下を防止する機もついています。段差を検出すると、後戻りをして新しい掃除経路を選択しますので、二階の廊下などでも安心して使用することが出来ます。
空気を快適にするフィルター付き・・・ロボット掃除機の排気もきれいに。ということで、掃除機内にフィルターが仕込まれています。
殺菌抗菌効果のある、ナノ銀コーティングに、ニオイや有害な気体などを除去する100%PETフィルターでできており、お掃除後の空気も清潔に保ちながら、しっかりとお掃除。
ダブルスイッチ・・・主電源とスタートボタンの二つがついているので、動いてほしくないときは主電源を切っておくことが出来ます。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー レッド
本体ボタンの種類 スタートボタン
吸引オプション ダイレクト吸引
稼動モード オート清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定 24時間ごと
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 ビープ音
継続モード
乗り越え高さ(cm) 0.7
本体消費電力(W) 15
動作音(db) 約52
充電時間(時間) 約4
バッテリー容量(mAh) ニッケル (1800)
ダストボックス容量(mL) 250
最長稼働時間(分) 約90
定格電圧 12V DC
本体重量(kg) 2.2
本体寸法(mm) 300×300×57.5(受光部含み60.0)
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT 35の詳しい性能まとめの記事はこちら

DEEBOT MINI dk560 モップ搭載 小型クリーニングロボット掃除機

小型で人気のDEEBOT 45が新しくなって登場。

お値段は、税抜19,800円。

厚みは82mmと、DEEBOT35より分厚いのですが、同じコンパクトサイズロボット掃除機として両者を比較してみると、、、

後部に搭載されたモップで、細かい汚れも拭きながらお掃除してくれることが一番大きな違いでしょうか?

DEEBOT35にはついていなかった、リモコンと三つの清掃モードも搭載されており、ボタンは一つになっています。

お値段はDEEBOT35と同じ税抜19,800円。



サイズは300×300だったDEEBOT35に対し、270×270とこちらの方が一回り小さいようです。

稼働可能時間も充電時間も同じなので、家具と床の隙間が低い方はDEEBOT35のほうが使いやすいかもしれません。

拭き掃除を同時にしたい。お掃除モードを選びたい。リモコンはあったほうが良い。という方は、DEEBOT MINIの方が良いかもしれませんね(^^♪

DEEBOT35は赤、MINIはミントグリーンなので、色の好みで選ぶのもインテリアを大切にされている方には重要です。

お掃除可能範囲は、DEEBOT35と同じく、公式サポートFAQにて「家具のない状態で約70畳程度の範囲をお掃除できます」とありました



DEEBOT MINI の主な機能

 モップ機能搭載・・吸引とモップ掛けで、細かいほこりも綺麗にお掃除♪
ミニサイズ・・狭い場所でも入り込めるコンパクト設計。
リモコン付き・・・離れた場所から楽々操作♪お掃除モードが選べるリモコン付き。
タイムスケジュール機能・・・リモコンで24時間ごとのタイマー設定を行うことが出来ます。
自動充電・・・ バッテリーの残量が少なくなると、自動で充電ステーションに戻ってくれてラクチン♪
優れた静音性・・・動作音は56dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)
衝突防止機能・・・センサーで障害物を感知して、壁や家具などへの衝突も防いでくれます。
通り道にある障害物を検出すると避けながら清掃を行い、お部屋の隅も減速しながら清掃します。
落下防止センサー・・・階段などの段差を検知して、落下を防止する機能もついています。段差を検出すると、後戻りをして新しい掃除経路を選択しますので、二階の廊下などでも安心して使用することが出来ます。
3つのお掃除モード・・・オートモード、スポットモード、壁際モードの三種類のお掃除モードが選べます。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー ミントグリーン
本体ボタンの種類 スタートボタン
吸引オプション ダイレクト吸引
稼動モード オート清掃  ・スポット清掃  ・壁際清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定 24時間ごと
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 ビープ音
継続モード
乗り越え高さ(cm) 1.2(モップを外した場合)
本体消費電力(W) 15
動作音(db) 約56db
充電時間(時間) 約4時間
バッテリー容量(mAh) ニッケル (1800)
ダストボックス容量(mL) 300
最長稼働時間(分) 約90
定格電圧 100V
本体重量(kg) 2.2(付属品含み3.0)
本体寸法(mm) 270×270×82
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT MINIの詳しい性能まとめの記事はこちら

DEEBOT 80 | d80 モップ掃除で掃除機よりもキレイ ロボット掃除機

本体後部に乾拭きのできるマイクロファイバーモップ搭載。

ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。付属しているマイクロファイバーモップは、洗って何度も使えるので経済的にもおトク!

モップを外して吸引だけにすることも可能です。

また、オプションのシートで水拭きをすることもできます(#^^#)

マイクロファイバーモップの代わりに、床用のドライシートやウェットシートも使えるそうなので、経済的ですね♪

本格仕様のDEEBOT80、お値段は税抜18,334円。


miniサイズのものと明らかに違うのは、ダストボックスの容量、高感度ダストセンサー、4つのお掃除モードでの連続稼働時間が長いことでしょうか。

大容量440mlのダストボックスで100分間自動運転可能なので、広い範囲を掃除機代わりに本気でお掃除したい方にはこのタイプがよさそうです。

そして、DEEBOT35もMINIも、0.8cmまでの段差が乗り越え可能でしたが、2cmまでの段差が乗り越え可能であることも、選ぶ時の大きなポイントです。

高感度ダストセンサーは、ゴミの量に対応して清掃モードを変更し、ゴミを大量に回収した場合は集中的にお掃除を行うという優れもの。

埃、花粉、ダニ、ペットのふけ、カビ胞子、髪の毛などを吸引するので、アレルギーや喘息の原因となる空中の浮遊物が減少します。

さらに、ダストコンテナに取り付けられた高効率のフィルターが排気を浄化しますので、よりクリーンな環境が実現します。

DM82を愛用している私が、DEEBOTのこのタイプの物の本当に良いと実感していることは、掃除機では取り切れない部屋中の細かいほこりなどを吸ってくれること。

ダストボックスを開けるたびに、今日もいい仕事してくれてありがとう!と思いながら捨てています(#^^#)



DEEBOT 80 の主な機能

モップ機能搭載・本体後部に乾拭きができ、洗って何度も使えるマイクロファイバーモップ搭載。
ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。
またモップを外して吸引だけにすることも可能。

使い捨ての「ウエットクリーニングクロス」「ドライクリーニングクロス」、洗って繰返し使える「乾拭きモップ用ドライクロス」の3種類がついてくるようです
スマートモーションテクノロジー・・・お部屋の床を何度も往復することで、お掃除のやり残しを無くします。
埃、花粉、ダニ、ペットのふけ、カビ胞子、髪の毛などを吸引するので、アレルギーや喘息の原因となる空中の浮遊物が減少します。
リモコン付き・・・離れた場所から楽々操作♪
リモコンを使って、離れたところからD80を手軽に簡単プログラム。
スタート、一時停止、方向を管理できます。
タイムスケジュール機能・・・リモコンで24時間ごとのタイマー設定を行うことが出来ます。
自動充電・・・お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。
優れた静音性・・・動作音は56dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)
衝突防止機能・・・センサーで障害物を感知して、壁や家具などへの衝突も防いでくれ、クッションバンパーも搭載しているので、家具に傷を付けずにお掃除を行います。
通り道にある障害物を検出すると避けながら清掃を行い、お部屋の隅も減速しながら清掃します。
落下防止センサー・・・高精度な落下防止センサーで階段などの段差を検知して、落下を防止します。
段差を検出すると、後戻りをして新しい掃除経路を選択しますので、二階の廊下などでも安心して使用することが出来ます。

4つのお掃除モード・・・4種類のお掃除モードから選べます。

オート清掃モード・・・お部屋の状況に合わせて様々なパターンでお掃除を行います。
集中清掃モード・・・オートモードに比べ、ほこりに敏感に反応するモードです。
スポット清掃モード・・・付近のエリアを集中して清掃するモードです。
壁際清掃モード・・・壁に沿いながら清掃するモードです。

高感度ダストセンサー・・・ごみの回収を敏感に感知します。
ゴミの量に対応して清掃モードを変更し、ゴミを大量に回収した場合は集中的にお掃除を行います。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー ゴールド
本体ボタンの種類 スタートボタン
吸引オプション メインブラシ
稼動モード オート清掃・スポット清掃  ・壁際清掃  ・集中清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定 24時間ごと
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 ビープ音
継続モード
乗り越え高さ(cm) 2.0
本体消費電力(W) 30
動作音(db) 約56
充電時間(時間) 約3~4
バッテリー容量(mAh)   ニッケル (2500mAh)
ダストボックス容量(mL) 440
最長稼働時間(分) 約100
定格電圧 12V DC
本体重量(kg) 2.9
本体寸法(mm) 337×337×88
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT 83 | d83 モップ掃除で掃除機よりもキレイ ロボット掃除機

DEEBOT80の高級タイプ。

お値段税抜き39,800円。

ワンタッチでお掃除を開始できるスタートボタンだけでなく、スタートボタンの周りはタッチパネルになっており、リモコンのような機能を選択することが出来ます

リモコンも液晶画面付きで、DEEBOT80よりも、格好良いです(#^^#)



本体後部に乾拭きのできるモップを搭載しているなど、機能はDEEBOT80ととても良く似ていますが、一番違う部分は2種類の吸引口が選べること

ブラシオプションは、カーペットの中やフローリングの隙間などに入り込んだごみもかき取ってお掃除してくれ、 吸引オプションは、髪の毛や動物の毛などブラシに絡まりやすいゴミがたくさん落ちている場所へ最適なオプションです。

美容室やペットのいらっしゃるご家庭では、吸引オプションが役に立ちそうですね(^^♪



DEEBOT 83 の主な機能

選べる二種類の吸引口・・・2種類の吸引口オプションを搭載しています。

ブラシオプションは、カーペットの中やフローリングの隙間などに入り込んだごみもかき取ってお掃除します。
吸引オプションは、髪の毛や動物の毛など、ブラシに絡まりやすいゴミがたくさん落ちている場所に便利♪

モップ機能搭載・・・本体後部に乾拭きのできるモップを搭載。
ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。
付属しているマイクロファイバーモップは、洗って何度も使えるので経済的にもおトク!
使い捨てのドライ清掃布、ウェット清掃布も付属しているので、使い分けてお掃除もできます。
スマートモーションテクノロジー・・・お部屋の床を何度も往復することで、お掃除のやり残しを無くします。
埃、花粉、ダニ、ペットのふけ、カビ胞子、髪の毛などを吸引するので、アレルギーや喘息の原因となる空中の浮遊物が減少します。
リモコン付き・・・離れた場所から楽々操作♪  スタート、一時停止、方向を管理できます。

タイムスケジュール機能・・・1日1回決まった時間に掃除するようにスケジュールを設定すると、誰もいなくても自動的に掃除します。

自動充電・・・お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。

サイドブラシ・・・サイドブラシにも改良を加え、お掃除範囲が広くなるように設計されています。

優れた静音性・・・動作音は56dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)

衝突防止機能・・・10組の赤外線センサーを搭載し、高性能な状況把握能力で状況を把握し、最適な動作を割り出します。
通り道にある障害物を検出すると避けながら清掃を行い、お部屋の隅も減速しながら清掃します。

落下防止センサー・・・本体に搭載された落下防止センサーが、8cm以上の段差を検出すると、避けて新しい経路を算出します。

4つのお掃除モード・・・4種類のお掃除モードから選べます。

オート清掃モード・・・お部屋の状況に合わせて様々なパターンでお掃除を行います。
集中清掃モード・・・オートモードに比べ、ほこりに敏感に反応するモードです。
スポット清掃モード・・・付近のエリアを集中して清掃するモードです。
壁際清掃モード・・・壁に沿いながら清掃するモードです。

高感度ダストセンサー・・・ごみの回収を敏感に感知します。
ゴミの量に対応して清掃モードを変更し、ゴミを大量に回収した場合は集中的にお掃除を行います。

スタートボタンとタッチパネル搭載・・・本体タッチパネルでの操作も可能。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー シャンパンゴールド
本体ボタンの種類 スタートボタンとタッチボタン
吸引オプション  メインブラシ&ダイレクト吸引
稼動モード オート清掃・スポット清掃  ・壁際清掃  ・集中清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定 タイマー設定
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 ビープ音
継続モード
乗り越え高さ(cm) 2.0
本体消費電力(W) 30
動作音(db) 約56
充電時間(時間) 約3~4
バッテリー容量(mAh)  ニッケル (2500mAh)
ダストボックス容量(mL) 440
最長稼働時間(分) 約120
定格電圧 12V DC
本体重量(kg) 2.9
本体寸法(mm) 337×337×88
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT 83の詳しい性能まとめの記事はこちら

DEEBOT M85 水拭き対応モップ機能搭載 ロボット掃除機 【除菌液付】 | dm85-001j

お値段税抜き39,800円。

今までの機種と最も異なる点は、本体後部に乾拭きのできるモップを搭載しているだけでなく、タンクに水や除菌水を入れることにより水拭きにも対応することです。
フローリングやタイルのお部屋に向いていますね(^^♪

無垢フローリングのおうちの方には、水拭きモップはちょっと微妙かな?



ニッケルではなくリチウム電池が使用されています(#^^#)

付属の除菌液は、DEEBOTの水拭き掃除機能をより活かすための除菌リキッドです。
DEEBOTに付属の計量カップで30mlを量り「水タンク」に入れ水拭き掃除をすることで
配合された除菌成分により、雑菌・黴菌やO-157等もまとめて除菌する除菌リキッドだそうです。
フローリングの床に付着した、汚れ・臭い等を除去できるそうなので、 室内を水拭きもして、衛生的に保ちたい方におススメです(#^^#)



DEEBOT M85の主な機能

選べる二種類の吸引口・・・2種類の吸引口オプションを搭載しています。
ブラシオプションは、カーペットの中やフローリングの隙間などに入り込んだごみもかき取ってお掃除します。
吸引オプションは、髪の毛や動物の毛など、ブラシに絡まりやすいゴミがたくさん落ちている場所に便利♪

水拭きモップ機能搭載・本体後部に乾拭きのできるモップを搭載。
ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。
さらに、水タンクに除菌リキッドなどを入れることで水拭きにも対応します。
スマートモーションテクノロジー・・・お部屋の床を何度も往復することで、お掃除のやり残しを無くします。
埃、花粉、ダニ、ペットのふけ、カビ胞子、髪の毛などを吸引するので、アレルギーや喘息の原因となる空中の浮遊物が減少します。
リモコン付き・・・離れた場所から楽々操作♪  スタート、一時停止、方向を管理できます。

タイムスケジュール機能・・・1日1回決まった時間に掃除するようにスケジュールを設定すると、誰もいなくても自動的に掃除します。

自動充電・・・お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。

優れた静音性・・・動作音は56dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)

衝突防止機能・・・10組の赤外線センサーを搭載し、高性能な状況把握能力で状況を把握し、最適な動作を割り出します。

落下防止センサー・・・本体に搭載された落下防止センサーが、8cm以上の段差を検出すると、避けて新しい経路を算出します。

4つのお掃除モード・・・4種類のお掃除モードから選べます。

オート清掃モード・・・お部屋の状況に合わせて様々なパターンでお掃除を行います。
集中清掃モード・・・オートモードに比べ、ほこりに敏感に反応するモードです。
スポット清掃モード・・・付近のエリアを集中して清掃するモードです。
壁際清掃モード・・・壁に沿いながら清掃するモードです。

高感度ダストセンサー・・・ごみの回収を敏感に感知します。
ゴミの量に対応して清掃モードを変更し、ゴミを大量に回収した場合は集中的にお掃除を行います。

スタートボタンとタッチパネル搭載・・・本体タッチパネルでの操作も可能。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー ブラック
本体ボタンの種類 スタートボタンとタッチボタン
吸引オプション  メインブラシ&ダイレクト吸引
稼動モード オート清掃・スポット清掃  ・壁際清掃  ・集中清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定  タイマー設定
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 ビープ音
継続モード
乗り越え高さ(cm) 1.7
本体消費電力(W) 30
動作音(db) 約56
充電時間(時間) 約3~4
バッテリー容量(mAh) リチウム(2550)
ダストボックス容量(mL) 660
最長稼働時間(分) 約90
定格電圧  14.8V
本体重量(kg) 3.7
本体寸法(mm)  344×344×88
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT 85の詳しい性能まとめの記事はこちら

DEEBOT M88 スマホで操作ができる お掃除ロボット【除菌リキッド付】 | dm88-001j

DM88 には2 パターンの吸引力を変更できる機能が搭載されています

標準の吸引力では静音性の高いお掃除を行い、吸引力を強くすると、さらに強力なお掃除が可能になりますので、用途によって使い分けることが出来ますね♪

さらに、フローリングとカーペットで使い分けてお掃除できる2種類の掃除経路テクノロジーを搭載。
フローリングなどの硬く平らな床面では、スマートムーブという、効率的なコースでお部屋全体を往復しながら、規則正しくお掃除するコースを。
カーペットなどのやわらかい床面でご使用いただく場合は、スマートモーションという角度を変えながら汚れが残らないように何度もお掃除をするモードを、と選ぶことが出来ます。

狭いお部屋用のワンルーム清掃機能も搭載♪

タイマー設定も、時間、曜日設定可能になっているので、幅広いタイマー設定が可能ですね(#^^#)



そして、こちらの機種からスマホ連動機能がついています。

スマートフォンにインストールしたECOVACS アプリと本体をWi-Fi でつなげば、スマホでロボット掃除機を操作することができます。

前進や回転などの方向制御や、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に行うことができ、Wi-Fi につなぐことで外出先でも操作できるので、帰宅する前にお掃除を行わせたり、長期間家を空けている場合にもお掃除ができるそうです(#^^#)

*操作する場合は下記に対応した機器が必要になります。

・スマートフォン
※iOS9未満、Android4.2未満、Windows、タブレットには対応しておりません。
・Wi-Fiルーター
※対応規格「11b」「11g」「11n(2.4GHzのみ)」

しかし、もし、以上の機器がない場合でも、ECOVACSアプリを使用せず自動清掃は可能です。

お値段は税抜き39,800円。


DEEBOT M88の主な機能

スマホで操作・・・前進や回転などの方向制御や、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に行うことができます。Wi-Fi につなぐことで外出先でも操作できるので、帰宅する前にお掃除を行わせたり、長期間家を空けている場合にもお掃除ができます。

選べる二種類の吸引口・・・2種類の吸引口オプションを搭載しています。
ブラシオプションは、カーペットの中やフローリングの隙間などに入り込んだごみもかき取ってお掃除します。
吸引オプションは、髪の毛や動物の毛など、ブラシに絡まりやすいゴミがたくさん落ちている場所に便利♪

水拭きモップ機能搭載・本体後部に乾拭きのできるモップを搭載。
ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。
さらに、水タンクに除菌リキッドなどを入れることで水拭きにも対応します。

高度な掃除経路テクノロジー・・・フローリングとカーペットで使い分けてお掃除できる2種類の掃除経路テクノロジーを搭載。

スマートムーブ・・・効率的なコースでお部屋全体を往復しながら、規則正しくお掃除。フローリングなどの固い面に。
スマートモーション・・・角度を変えながら汚れが残らないように何度もお掃除をします。カーペットなどの柔らかい場所に。

リモコン付き・・・離れた場所から楽々操作♪  スタート、一時停止、方向を管理できます。

タイムスケジュール機能・・・時間だけでなく、スマホに連動させることで、お掃除させたい曜日を選択することが可能。

自動充電・・・お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。

優れた静音性・・・動作音は56~60dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)

衝突防止機能・・・10組の赤外線センサーを搭載し、高性能な状況把握能力で状況を把握し、最適な動作を割り出します。

落下防止センサー・・・本体に搭載された落下防止センサーが、8cm以上の段差を検出すると、避けて新しい経路を算出します。

4つのお掃除モード・・・4種類のお掃除モードから選べます。
オート清掃とシングルルーム清掃は2種類の清掃経路テクノロジーで使い分けることができます。

シングルルーム清掃・・・狭いお部屋を掃除するモード。
オート清掃モード・・・お部屋の状況に合わせて様々なパターンでお掃除を行います。
スポット清掃モード・・・付近のエリアを集中して清掃するモードです。
壁際清掃モード・・・壁に沿いながら清掃するモードです。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー プラチナホワイト
本体ボタンの種類 スタートボタン
吸引オプション メインブラシ&ダイレクト吸引
稼動モード オート清掃・スポット清掃  ・壁際清掃  ・ワンルーム清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定 タイマー設定(時間、曜日設定可能)
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 ビープ音
継続モード
乗り越え高さ(cm) 1.8
本体消費電力(W) 30
動作音(db) 56dB(標準)/60dB(最大)
充電時間(時間) 約4~5
バッテリー容量(mAh) ニッケル (3000mAh)
ダストボックス容量(mL) 380
最長稼働時間(分) 約90
定格電圧 12V
本体重量(kg) 3.1
本体寸法(mm)  340×340×77.5
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT M88の詳しい性能まとめの記事はこちら

DEEBOT R95 マッピング機能搭載 お掃除ロボット 【除菌リキッド付】 | dr95-001j

お値段税抜、74,000円の高級ライン。

なぜ急にお値段が跳ね上がったかというと、、、ロボットが自動でお部屋の間取りをマッピングしてくれるマッピング機能が付いたからであると思われます。

しかし、このマッピング機能、すごいんです。
レーザースキャンの技術を使ったマッピング機能でお部屋の間取りを測定し、マップ情報をロボットの頭脳に記憶して、最適なコースを判断しながらお掃除します。
お部屋の扉を開けてマッピング機能を使用すれば、低い段差を乗り越えて廊下や別のお部屋もまとめてマップ情報を記憶し、1台で様々な場所のお掃除ができるとのこと!

お部屋のマップ情報を作成すると、間取りに合わせて最も効率の良いコースを自動で判断し、お掃除してくれるそうです。
しかも、一度お部屋のマップ情報を記憶すれば、2回目以降のお掃除は記憶したマップ情報に沿って規則正しく正確にお掃除してくれるそうなので、毎日、一階全体をお掃除したい、二階の寝室も子供部屋もまとめてお掃除したい、という方にはもってこいの機能です(#^^#)



私はマッピング機能なしのものを愛用していますが、ドアを開け放ち二階全体をお掃除させると、行ってはくれるのですが、、、充電ステーションに戻ってくれないこともしょっちゅう。

壁などで挟まれると、充電ステーションがどこにあるかわからなくなるため、迷子になるようです。

しかしこの、マッピング機能があればちゃんと戻ってきてくれそうですね(^^♪

お部屋の模様替えをしたときや引っ越した先で使うときは、マップ情報をリセットして新しいマップ情報を記憶させることができるそうですよ♪

さらに、スマホで「掃除したい場所」と「掃除したくない場所」を設定できます。

DEEBOT R95がお部屋の間取りをマッピングすると、ロボットが自動でお部屋の間取りをアプリ上に作ります。
アプリ上でお掃除をしてほしくない場所に、仮想の境界線(バーチャルボーダー)を引くことができるので、安心してお掃除を任せられるそう。

ここまでくるともう、すごすぎますね、、、!

ということは、コードが集中している場所やお子様のおもちゃ置き場、ハムスターなどのペットのゲージ回りだけをさけさせたりできるのですね!

素晴らしい!


更に音声案内がついているので、ロボットがしゃべってお知らせしてくれます。

お掃除開始時やマップ作成時など、状況をロボットが音声でお知らせ。

スマートフォンから言語を変更することもできます(#^^#)

途中で清掃をやめない再開モードつきで、清掃範囲メモリーをオンにすると、清掃の途中でバッテリーが少なくなり充電ドックに戻っても、中断した続きからお掃除を再開します。

自分好みのお掃除を、パーフェクトに行いたい方には、本当にうれしい機能満載ですね!


DEEBOT R95の主な機能

マッピング機能・・・レーザースキャンの技術を使ったマッピング機能でお部屋の間取りを測定し、マップ情報をロボットの頭脳に記憶して、最適なコースを判断しながらお掃除しますので、隣のお部屋もまとめてスイスイお掃除♪
スマホで操作・・・Wi-Fi につなぐことで外出先でも操作できるので、帰宅する前にお掃除を行わせたり、長期間家を空けている場合にもお掃除ができます。
「掃除したい場所」と「掃除したくない場所」を設定でき、ロボットが自動でお部屋の間取りをアプリ上に作ります。
アプリ上でお掃除をしてほしくない場所に、仮想の境界線(バーチャルボーダー)を引くことができます。

選べる二種類の吸引口・・・2種類の吸引口オプションを搭載しています。
ブラシオプションは、カーペットの中やフローリングの隙間などに入り込んだごみもかき取ってお掃除します。
吸引オプションは、髪の毛や動物の毛など、ブラシに絡まりやすいゴミがたくさん落ちている場所に便利♪

水拭きモップ機能搭載・本体後部に乾拭きのできるモップを搭載。
ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。
さらに、水タンクに除菌リキッドなどを入れることで水拭きにも対応します。
音声案内・・・ロボットが音声で案内
リモコン付き・・・離れた場所から楽々操作♪  スタート、一時停止、方向を管理できます。

タイムスケジュール機能・・・時間だけでなく、曜日設定も可能。

自動充電・・・お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。

優れた静音性・・・動作音は56dB。
大体の音の大きさの目安として、55dBは日常の人の話し声やエアコン音程度だそうです。
(静かなロボット掃除機を探している方は60dB以下のものを選ぶと良いそうなので合格ですね♪)

衝突防止機能・・・10組の赤外線センサーを搭載し、高性能な状況把握能力で状況を把握し、最適な動作を割り出します。

落下防止センサー・・・本体に搭載された落下防止センサーが、8cm以上の段差を検出すると、避けて新しい経路を算出します。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー チタンブラック
本体ボタンの種類 スタートボタン
吸引オプション メインブラシ&ダイレクト吸引
稼動モード オート清掃 ・スポット清掃  ・エリア清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定 タイマー設定
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 音声
継続モード
乗り越え高さ(cm) 1.8
本体消費電力(W) 30
動作音(db) 約56
充電時間(時間) 約3~4
バッテリー容量(mAh) リチウム(2850)
ダストボックス容量(mL) 520
最長稼働時間(分) 最大90
定格電圧 30
本体重量(kg) 3.7
本体寸法(mm)  354×354×102
充電器 電力(W) 20W

DEEBOT R95の詳しい性能まとめの記事はこちら

DEEBOT R98 ハンディクリーナー+お掃除ロボット | dr98-001j

コードレス ハンディ掃除機を搭載したお掃除ロボット。

ロボット掃除機とハンディ掃除機、2種類の掃除機を搭載し1台2役でお値段税抜き83,000円。

充電ドックに搭載されたハンディ掃除機が、床掃除ロボットがお掃除を終えて充電ドックに戻ると、充電と同時にロボット掃除機のゴミをハンディ掃除機が吸い出します。

ハンディ掃除機を使った時にごみを捨てればロボット掃除機がゴミ捨ての必要がありません。

ハンディの方には、長いノズルと短いノズルがついています(#^^#)



ロボット掃除機本体の性能は、先程のDEEBOT R95より動作音も大きめで、機能も少し劣りますが、マッピング機能やスマホアプリでの掃除してほしくない場所の線引きもできるので、プラス9,000円でハンディ掃除機がついてくると思えば、こちらの方がお得!?

しかし、見た目が大変大層です。

ものすごい機械が置いてある感がありますので、インテリアの邪魔をしたくない方には不向きかもしれません。

動作音も、ちょっと大きめ。

ハンディ掃除機も欲しいし、マメにゴミ捨てをする時間がない、という方にはおすすめ(#^^#)


DEEBOT R98の主な機能

マッピング機能・・・レーザースキャンの技術を使ったマッピング機能でお部屋の間取りを測定し、マップ情報をロボットの頭脳に記憶して、最適なコースを判断しながらお掃除しますので、隣のお部屋もまとめてスイスイお掃除♪
スマホで操作・・・Wi-Fi につなぐことで外出先でも操作できるので、帰宅する前にお掃除を行わせたり、長期間家を空けている場合にもお掃除ができます。
「掃除したい場所」と「掃除したくない場所」を設定でき、ロボットが自動でお部屋の間取りをアプリ上に作ります。
アプリ上でお掃除をしてほしくない場所に、仮想の境界線(バーチャルボーダー)を引くことができます。
ハンディ掃除機付き・ロボット掃除機のゴミをハンディ掃除機が吸い出します。
ハンディ掃除機として、お部屋のお掃除もできます。
水拭きモップ機能搭載・本体後部に乾拭きのできるモップを搭載。
ブラシとポンプの吸引で取りきれなかった細かいチリやほこりもきれいにふき取ります。
さらに、水タンクに除菌リキッドなどを入れることで水拭きにも対応します。
音声案内・・・ロボットが音声で案内

タイムスケジュール機能・・・時間だけでなく、曜日設定も可能。

自動充電・・・お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。

衝突防止機能・・・10組の赤外線センサーを搭載し、高性能な状況把握能力で状況を把握し、最適な動作を割り出します。

落下防止センサー・・・本体に搭載された落下防止センサーが、8cm以上の段差を検出すると、避けて新しい経路を算出します。

>>>公式ホームページでもっと詳しく見てみる

カラー チタンブラック
本体ボタンの種類 スタートボタン
吸引オプション メインブラシ
稼動モード オート清掃 ・スポット清掃  ・壁際清掃  ・エリア清掃
フィルタ
サイドブラシ デュアル
自動充電機能
タイマー設定  タイマー設定
スマホ連動機能
自動回収機能
警告音 音声
継続モード
乗り越え高さ(cm) 1.8
本体消費電力(W) ロボット50、ハンディ130
動作音(db)   ロボット69、ハンディ81
充電時間(時間) 約3~4
バッテリー容量(mAh) ロボット2850、ハンディ2000
ダストボックス容量(mL) ロボット400、ハンディ450
最長稼働時間(分)  ロボット90、ハンディ13
定格電圧 ロボット50、ハンディ130
本体重量(kg)  ロボット3.7、ハンディ1.3
本体寸法(mm)   ロボット354×354×102、ハンディ1150×115×223
充電器 電力(W) 90W

DEEBOT R98の詳しい性能まとめの記事はこちら

いかがでしたでしょうか?

本当に色んな機能のものが最近はあるのですね!

ワンルームのお掃除から、広いお部屋のお掃除、徹底したお掃除管理まで、用途や好みに合わせてお好みのお掃除ロボットを見つけてくださいね♪

私は、ロボット掃除機を使って綺麗にお掃除してもらうためには、絡まりやすいものなどを事前に片づけておく、もしくは常に散らばらせないことが、故障を防ぐためにも一番重要だと思います

公式ホームページには、割引クーポンが出ていることもあるので、まずはご購入の際にクーポンが出ていないかチェックしてみることをお勧めします♪

エコバックス お客様相談窓口とサポート取扱説明書ダウンロードページへのリンク

お客様相談室では、購入前のかたのフォローも行っておられます。

そして、アフターケアとして、もし故障してしまっても、購入から1年以内であればメーカー保証がついているので、送料も無料で交換や修理、点検の対応をしていただけます。

私の場合は、3度ほど質問や修理点検でお世話になりましたが、とても優しく明るく丁寧な対応をしてくださる方たちばかりでしたので、安心してお電話できるかと思います(#^^#)

わからないことや、あれ?と思ったことがあれば、エコバックスの方へ電話で問い合わせれば、とても丁寧に対応してくださいますので、機能の詳しい詳細など、少しでも疑問に思ったら問い合わせてみると良いですよ(^^♪

3度ほどお世話になったことがありますが、オペレーターの方々は皆さんとても親切、親身で、明るく優しい方たちばかりなので、とても問合せしやすいと思います(#^^#)

エコバックス問い合わせ電話番号

エコバックス お客様問い合わせ窓口 0120-539-639
(9:00~18:00 土日祝日を除く)

取扱説明書や、よくある質問などのページへはこちら

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク