粘土で子供と工作♪簡単可愛い葉っぱやレースを使ってお皿や小物入れの作り方。夏休みの工作にも♪

葉っぱやレースの筋を粘土につけて作る、オリジナルの可愛いお皿や小物入れ。

Pinterestで見た作品がとても素敵だったので、こんな感じかな?と作ってみました(#^^#)

色も模様も自分好みにでき、とても簡単でした♪

今回白で作ったのですが、カラフルな色で作ったほうが可愛いものができそう♪

(黒も試してみましたが、筋が目立たず微妙でした(^-^;)

ご興味あれば、是非お子様とトライしてみてくださいね♪

参考にさせていただいたPinはこちら↓↓↓

Make Your Own Lace Pottery

スポンサーリンク

粘土で作る葉っぱの手作り小物入れ、お皿の作り方

材料

乾くと固まる粘土
お庭の葉っぱなど(綺麗に洗って乾かしておく。)
めん棒
オーブンシート

作り方

オーブンシートの上でやると、くっつきにくいので作業がはかどります。

葉っぱを綺麗に洗って乾かしておきます。ごみや虫がついていると、粘土にくっついてしまいますので注意。

粘土を葉っぱの大きさに、5〜7ミリの厚さに伸ばして、葉っぱをのせます。

裏側の方が葉脈の型がよくつくので、裏を粘土側にします。

子供に庭でどの葉っぱにする?と選んでもらって、きゅうりの葉っぱを使いました。

上からオーブンシートをもう一枚被せて、上からめん棒でしっかりと密着させます。

子供たちも楽しそう♪どんなふうになるのかな~?とワクワクしながら伸ばしていましたよ♪

オーブンシートから外して、はさみで余分な部分を切り取ります。

角度をつけるため、お皿などに置きます。

ライムライトの葉っぱを何枚も重ねてみたものも、作ってみました。

椿の葉のような、分厚いしっかりとした固い葉っぱであれば、このまま乾かし固まってからはがせると思いますが、薄い葉っぱはくっついて破れて剥がせない恐れがあるので、先に剥がしておきます。

ゴミが付いていれば、ピンセットなどでとっておきます。

このまま、乾けば完成♪

ふわ軽粘土だと、固まってからも端の汚いところをはさみで切って修正できました。

ただ、軽いので発泡スチロールのような触り心地。

葉脈がしっかりと、模様になってついてくれています♪

ニスでコーティングしたり、ボンドをハケでぬれば、葉脈の筋を守ることができると思います。

レースでつくる場合

レースで作る可愛いお皿も良くPinterestで見かけます。

素敵だなぁ+゚*と思い、やってみました。

しかし、、、レースペーパーでは難しいようです。

可愛いと思ったレースのお皿は、コースターのような、布のレースを使っておられました。

剥がす時、紙なのでボロボロになってしまい、収集つかない状態に、、、。

しかも、柄もあまりしっかりとうつっていないようでした。

やはり、布のレースを使う方が良さそうです。

ピンク、白、グレー、黄色などなど、いろんな色でつくってみても可愛いですね(*^^*)

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンク