お店の味!ほっぺがおちそうな絶品あめ色タルトタタンを手作りしてみよう♪おすすめクックパッドレシピ♪

りんごがぎっしり♡透き通るような飴色♡ざくざくしたタルト生地♡

こんなのつくれたらなぁ、、、と憧れますよね(^^♪

そんな、どこにだしても褒められること間違いなしの、絶品タルトタタンのレシピを見つけました♪

早速作ってみたところ、大成功!

透き通るような飴色~♡まさに目指していた理想のタルトタタン!

口に入れた瞬間とろけるほろ苦く甘い濃厚りんごと、下の香ばしいタルト生地がほっぺが落ちそうな位美味しくて、濃厚。京都岡崎のタルトタタンで有名なラ ヴァチュールのタルトタタンに負けないくらいの味だと思えるタルトタタンができました♪

そんな絶品タルトタタンのレシピはこちらを参考にさせていただきました♪

↓↓↓

こんなにおいしいタルトタタンに出会わせてくださった、作者様に本当に感謝(#^^#)

ちなみに、この作者様の作っておられるケーキやパンは、どれを作っても絶品!本格的な味と作り方!是非お菓子やパン作り大好きなみなさまに、お勧めしたいレシピの数々です。

ご興味おありの方は是非トライされてみてはいかがでしょうか?(*^^*)

今回は、そのタルトタタンを作ってみた工程をご紹介させていただきますが、配合など詳しくは上記のクックパッドレシピを見て下さいね♪

スポンサーリンク

絶品タルトタタンの作り方レポ

パート・プリゼの下ごしらえ

まずは、パート・プリゼを作っていきます。

レシピ通りに、パート・プリゼの材料は前日から冷やしておきます。

前日に合わせて冷やしておいた、卵黄液を用意。

ボウルに薄力粉と切ったバターを入れ、カードで切り刻みました。

手のひらで擦り合わせてさらさらの状態にします。

中央に穴をあけ、卵液と塩を加えさっくりまとめます。

生地を切っては重ね、、、切っては重ね、、、

層を作ります。冷蔵庫で一晩寝かせました。

次の日、伸ばして、、、

型の大きさにカットし、また寝かせましたよ♪

飴色リンゴを作る♪

使用するリンゴは4個!小さめだったので、5個使用しました。

皮をむき芯などを取り除き、四つ割りにしたら、鍋に半量のグラニュー糖を入れ溶かしてカラメルを作ります。

火からおろして、バターを加えてリンゴを加え、よくからませたら小さなフライパンにびっちり敷き詰めてバニラビーンズや残りのグラニュー糖、ちぎったバターを加えて落し蓋をし、煮詰めていきました。

ここまでのリンゴの工程だけで、50分かかると書いてありましたが、こんなに煮詰めるからこそ、あの飴色リンゴが出来上がるのですね♪すごい♪

このままでは、型に入りきらないほどのたくさんあるりんご、どうなるのかなぁ?と思っていたら、、、。

トロットロになってきっちりびっしり収まりました♪小さめだったから、あと一個足しても良かったくらい!

型がなかったので、ケーキ型で作りましたが、何とか収まりました。

じっくり焼く♪

40分間じっくり焼いていきます。

余ったパート・プリゼは、このようにしてやくと美味しいと作者様が書いてくださっていたので、そのように♪

ミニパイみたいに♪

焼けました!美味しそうなこんがり感がたまりません(#^^#)

でもまだまだ食べられないのです。さらにこれを一晩寝かせます。

そして次の日、わくわくしながら型から出して、、、たっぷりのグラニュー等を振りかけてバーナーで焼けば、、、完成♪

バーナーで焼いたことによりさらに美味しくなるのでmこの工程は欠かせないと思いました♪

パリッパリのカラメルでコーティングされたようになり、つやも出て最高です(#^^#)

バーナーは、ホームセンターでも手に入りますし、持っているとバーベキューの時の炭の火付けにも役立ちますよ(^^♪

お菓子に使用されるのであれば、火の出る先端が丸いものにしてくださいね。私は、平らな、バーベキュー用のものも持っていますが、前に焼いたとき、全然うまく焼けなくて大失敗でした(^_^;)

手間暇はかかりますが、まさに絶品!タルトタタン♡ 皆さんもお家で手作りされてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪