Enjoy ★ Christmas !!

クリスマスインテリア、雑貨DIY、クリスマスアイデアなどはこちらから↓↓↓

クリスマスアイデアまとめをCheck!!

マツエクに負けない!おすすめセルフまつ毛パーマ液【ロマンサの使い方とレビュー、まつ毛パーマをする時の注意点】一重も二重に瞼が持ちあがる!上向きゴージャスまつ毛を作るコツ♪

Qoo10,楽天のおすすめ♪

アイシャドウ、アイライン、マスカラ、つけまつげにまつげエクステ、、、

目元のおしゃれにはいろんなものがありますよね(^-^)

コスメ関係はいつも、Qoo10という、韓国発の通販サイトでよくお買い物をするのですが、

さすが美容大国、韓国。

様々な化粧品がラインナップされていて、見た目も可愛いものから使って楽しいもの、日本にはない発想の機能性のものなど、見ているだけでも楽しくなります。

しかもお値段プチプラなので、気軽に試すことができますね(^-^)

今回は、その中でも、セルフのまつ毛パーマに注目してみました。

私は逆まつげがひどいので、とっても愛用しています♪

まつ毛パーマやまつげエクステ、矯正縮毛など、セルフケア出来るものは、たくさん売られています。

しかし、これらは素人か自宅で自己責任の上で行なうものです。必ず自分で責任を持って、怪我などしないよう気をつけて行なうことが、重要です。

そのことを踏まえた上で、今日はまつ毛パーマの使い方、使ってみたレビューを書かせていただきたいと思います。

まつ毛パーマがかかる仕組み

まず初めに、パーマ液の仕組みについて触れていきたいと思います。

まず、髪の毛の成分は、皮膚や爪と同じケラチンというタンパク質で出来ています。

その中にシスチンという成分があり、シスチン結合という結合で出来ていて、切り離したくっつけたりすることが出来ます。

そして、切り離したり、くっつけたりする特性を用いてパーマをかけることが出来るそうです。

パーマは、どのようなものでもほとんどのものがパーマ液1剤と2剤に分けられますが、

1液の還元剤によって、髪の毛の中のシスチン結合というハシゴのようなつながりを切り離し、アルカリ剤によって、髪のキューティクルが開かれる。

2液には酸化剤が入っていて、切り離したシスチン結合を再びくっつけます。

シスチン結合は、切断されると水素がプラスされ、独特のにおいを放つ物質になります。ですので、においがするということは薬剤が効いているという判断材料になります。

これがパーマをかけるときの独特のにおいの原因ですね(^^;;

ロットなどで髪の毛が巻かれている状態でシスチンが再びくっつくとウェーブの形に固定され、ストレートの状態でシスチンが再びくっつくと、真っ直ぐに固定されます。

なので、固定したままの形になるということだそうです。

 

お肌が弱い方、心配な方は特に、皆さん必ずパッチテストをしてからご使用になってくださいね。

セルフでまつ毛パーマの仕方と注意点

★用意するもの★

取説は事前によく読んでおきましょう。

  • パーマ液、一剤、二剤
  • ロッド
  • 綿棒かつまようじ
  • ティッシュ(強くかけたい方はラップとアルミホイルも)
  • タオル
  • コットンやウェットティッシュ、ティッシュ
  • タイマー

まつ毛を巻くロッドの種類

私は、使い捨ての粘着ロッドを愛用しています。

他のお店のものは、大体シリコン性で、瞼にはりつけたり、まつ毛をロッドに巻く時、専用の糊かアイプチをつかって、貼っていかなければなりません。

シリコンロッドの方が巻きやすい!というたくさんのレビューを読み、試したこともありますが、不器用な私にはとても難しく、、、まつ毛がはがれてはがれて、、、。

瞼の大きさや形によって、サイズも選ばなければいけなかっので、私に合っていないものを買ってしまったのかな?(^^;;

結局、この粘着ロッドに戻ってきました。

使い捨てな所も気に入っています。

1液をつけた後、まつ毛が外れる用であれば、2液をつけるときに新しいロッドで巻きなおすこともできるので、毎回4本使用することにしています。

はじめてこの粘着ロッドを見た時は、巾着袋とかによく使われている、紐に両面テープみたいなの、ついてるだけ?!と驚きましたが、使い捨てで自由もききやすく、まつ毛にも瞼にもぴったりくっつく所が使いやすくて気に入りました。

これが使いにくいという方もおられるようなので、自分に合ったロッドを使ってみて下さいね(^-^)

 

まつ毛をそわせることのできる溝が入ったものもあります。

レビューを見ると、皆さん使いやすいといっておられるのでシリコンロッド派にはおススメです。

 

まつげがめちゃくちゃ上がる!おすすめまつ毛パーマ液【ロマンサ】

先日初めて使用してみたのですが、今まで使っていたものよりも、とてもよくまつ毛パーマがかかって驚いたのが【ロマンサ】というまつ毛パーマ液。

根元からしっかりと立ち上がり、まるでマツエクをしているかのようです。

すっぴんでも、目が大きく華やかに見えるので、とてもオススメです♪

 

>>>Qoo10 ロマンサまつ毛パーマ液を見てみる

 

 

そして、アフターケアも大切です。

せっかくまつ毛パーマをかけて素敵な目元になれたのに、まつ毛がパーマのダメージから傷んでしまったり、抜けてしまっては元も子もありません。

なので、まつ毛用の美容液などでしっかり保護&ケアしてあげてくださいね♪

こちらのスカルプケア会社の本格まつ毛用美容液、瞼とまつげの両方のお手入れが出来、お値段はお高めですが、本気でまつ毛にお悩みの方にとてもお勧めです。

>>>スカルプケア会社のまつ毛美容液【アイラッシュワン】をチェック♪



まつ毛パーマ液の使い方

それでは説明書のガイドに沿って、使い方をご説明します。

あくまで、自己責任の元、トライしてみる際のご参考にして下さいね。

 

以下の画像は、ロマンサのパーマ液ではありませんが、使い方はほぼ同じです。

ロマンサのパーマ液は、1液がピンク色、2液がブルーになっています。

 

①アイメークは落とし、コンタクトもしている方ははずしておきます。アイメークや汚れがついていると、パーマがかかりにくいそうです。

安全のため、自分の目を自分でする場合は、片目ずつ行いましょう。

私は逆まつげがひどいので、まつ毛が全て下を向いています。

 

②必要であれば、自分のまつげの長さや、つけたいカールの形になるよう、粘着ロッドの場合は中身を何本か毛抜きなどで抜いて太さを調整しておきます。

シリコンロッドもあまりに合わない形をしているようであれば、はさみで切っておきます。

 

③ロッドをまぶたのに貼り付け、(シリコンロッドの場合は接着するものが必要)つまようじを使ってまつ毛をくっつけていきます。

ちゃんと全てくっつけるよう頑張ってください。はがれてしまったら、アイプチを上から塗って押さえても大丈夫です♪

④一剤を綿棒やつまようじで塗っていきます。目に入らないよう注意。

まつ毛の先につけるとちりちりになってしまいますので、先端は避けます。

かなりパーマ液独特の匂いがします。

つけすぎかな?量が足りなかったら、、と不安になって多めにぬってしまいました(^^;

⑤塗り終わったら、目の上に折りたたんだティッシュ、コットン、アルミホイル、タオルを置きます。

私は、軽くかけたいので、ティッシュのみですが、しっかりかけたい方や寒い時などは、パーマのかかりが良くなりますのですべて使いましょう。

でも、ロマンサのパーマ液はかなりかかりが良いので、なしでも大丈夫だと思います。

髪の毛のパーマがかかりにくい方は、まつ毛もかかりにくいです。

アルミホイルにラップをくるむとより良いそうです。

⑥5〜7分(かかりにくい方は10〜12分)放置したら、つまようじや綿棒で、ある程度一剤をそぎ落とします。とロマンサは15分との表記がありました。 メーカーによって違うと思いますので、説明書に従ってください。

更に濡らして絞ったコットンで、下から上に目に入らないように一剤をできるだけ取り除きます。私はウェットティッシュで代用しています。

⑦つまようじや綿棒をつかって、まつ毛をまっすぐ上に向けて整えていきます。

この時、ぐちゃぐちゃになると、そのままの形に仕上がってしまうので、きれいに整えて下さい。

私は、ここでいつもいじりすぎてまつ毛がくっつかなくなり失敗するので、新しいロッドに巻き直しています。

少しくらい外れていても二剤の重みでくっつくそうですが、私のまつ毛は頑固な逆まつげのため、失敗しがちです(^_^;)

⑧二剤を先ほどと同じように、塗っていきます。

今回はティッシュのみを目の上にのせます。

⑨5〜7分後(パーマがかかりにくい方は10〜12分後)先ほどと同じ、つまようじか綿棒、濡れコットンで二剤を落としていきます。

ロマンサは15分との表記がありました。 メーカーによって違うと思いますので、説明書に従ってください。

 

⑩ロッドをゆっくりとはがします。水で濡らしたティッシュなどで優しくなでるように剥がすと、剥がしやすいですよ。

使用後のパーマ液は酸化しますので、説明書に従って、冷蔵庫などに保管して下さい。

完成♪

わかりますか??

頑固な私の逆まつげにもカールが!

軽くかけたいので、放置時間も5分、目の上にもティッシュのみでしたが、くるんとしました♪

人によりますが、まつ毛は半月〜ひと月もちます♪

 

二度目以降で、冷蔵庫から出してすぐは、1〜2分放置時間をながくしなければならないのなの、忘れていました(^_^;)

説明書通りにやれば、もっと華やかなカールを作ることができます。

ロマンサを使った時は、この倍くらいのカールがかかっていました(#^^#)

マスカラを塗ってみると、よりわかりやすいでしょうか?

ビューラーなしで、マスカラを塗ることができ、とても時短になります。

すっぴんの時の目もちょっとだけ華やかにみえますよ(o^^o)

注意点

  • 肌の弱い方はパッチテストをしてから。
  • つまようじで目をつかないよう注意。
  • パーマ液が目に入らないように注意。
  • コンタクトやメイクはとっておく。
  • パーマ液は空気に触れると酸化する為、冷蔵庫で保管。期限の過ぎたものを使わない。
  • 冷蔵庫からだし、冷たいままのパーマ液を使用する場合は、放置時間を1〜2分長くする。
  • 根元をしっかり上げたい時は、ロッドのカーブや形を調整しておく。

 

注意点がたくさんあるように思えますが、ちゃんと守ってくださいね☆

 

そして、何より大事なことは、自己責任の上、目に入らないよう絶対に気をつけて行って下さいね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comment