絶対に失敗したくない!おうちで時短で簡単にマカロンを手作りする方法♪ ハロウィンのおやつにオバケやモンスターのマカロンを作ってみよう♪

お家で楽しむハロウィンパーティーに♪

手土産やプレゼントにも♪

今年のハロウィンは、おうちでお子様と一緒に、可愛いお化けやモンスターの手作りマカロンを焼いてみませんか?(#^^#)

マカロンをお化けの形に焼いて、顔を描くだけで、とっても可愛いハロウィン仕様に♡

パーティーで出したり、手土産にすれば、きっと喜ばれること間違いなしです♪

マカロンを手作りするとなると、難しいのでは?と感じがちですが、コツさえつかめば簡単♪

本来は数時間乾燥させてから焼かなければならないのですが、その手間を省き、初めての方でも作りやすいレシピにしてみました(#^^#)

私も、何度もマカロンは失敗してきたので、出来るだけ失敗しにくく、簡単な材料で、きれいに簡単に焼きあがるように工夫してありますので、挑戦してみる価値あり!

つやつやのぷっくりマカロンを、おうちで手軽に簡単に作っちゃいましょう♪

是非、お子様と素敵なハロウィンのおやつタイムを楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

時短!簡単!コツをつかんで失敗しない!ハロウィンマカロンの作り方🎃

作る前に!失敗しないための準備♪

私は、色んなレシピ、色んな焼き方でマカロンに挑戦し、たくさん失敗してきました。

なので、今回は、初めてマカロンに挑戦される方もできるだけ失敗しないように、私なりに気をつけなければならないことをまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

まず、材料です。

マカロンの材料はとてもシンプル。

卵白、グラニュー糖、アーモンドプードル。

この三つだけで作ります。

着色したい方は、食紅やココア、抹茶、イチゴパウダーなど、色の付けられるものを足してくださいね♪

アーモンドプードル(パウダー)は、アーモンドを粉にしたもの。スーパーの製菓材料コーナーやネットで簡単に手に入ります。

アーモンドプードル(パウダー)の代わりに、カシューナッツパウダーを使うこともできます。今回、私は、カシューナッツで作りましたが、とても美味しくできました(^^♪

ネットなどで、アーモンドプードルより安く手に入ります。

後、失敗しないために気を付けることは、、、

★ 砂糖は、必ずグラニュー糖を。
★ 卵白を泡立てるボウルは、必ず水気のついていない、乾いたものを使用する。(水が少しでも卵白に入ってしまうと、泡立たずメレンゲが作れません。)
★ 湯煎の用意と、絞り袋を用意しておく。
★ オーブンは、お使いのものにより温度差が出てしまいますので、初めて作るときは焦げないように、側で様子を見ながら見守る。
★ マカロン生地のメレンゲと粉を合わせる際に、メレンゲをつぶすことをマカロナージュといいますが、これが言葉では説明しにくく、どの程度、どのように混ぜればいいかは、自分で判断するしかありません。

なので、初めてマカロンに挑戦し、マカロナージュが心配な方は、You Tubeでマカロナージュの様子を確認してからの方が、絶対に良いと思います。

最後に、マカロナージュを実際にされている動画を見つけましたので、貼らせていただきます(#^^#)

初心者の方でも、この辺りに気を付けていれば、大丈夫かと思います(#^^#)

材料(20~25個分位)

卵白     1個分
グラニュー糖  70g
アーモンドプードル  35g
チョコペン おばけ、、、黒、ピンク モンスター、、、黒、白、ピンク等

お化けのマカロンの作り方

① 水気のついていない綺麗なボウルに卵白とグラニュー糖を入れます。卵黄が入らないよう、注意。

② 小鍋にお湯を沸かし、その上にボウルを置いて、底にお湯か湯気が当たるようにし、卵白を湯煎にかけながらハンドミキサーで良く泡立てます。しっかりとしたメレンゲを作ってください。

湯煎にかけることで、メレンゲが乾燥し、失敗しにくくなります。

やりすぎるとまた失敗の原因になります。ミキサーを振っても、全く落ちないくらいまで泡立ててください。

③ メレンゲのボウルに、アーモンドプードルをふるいにかけて入れます。

着色するときは、ここで食紅を入れるか、ココアや抹茶パウダーの場合は大さじ1/2ほど加え、その分、アーモンドプードルの分量を減らしてください。

④ マカロナージュをします。

ゴムベラをボウルに押し当てるようにしながら、メレンゲの泡をつぶしていくようにひっくり返しては全体を混ぜるを繰り返す。

⑤ 全体にツヤがでて、ゴムベラを持ち上げると生地がゆっくりと垂れ落ちるくらいになったらOK。

はじめ、ツヤが出てきたな、、、と思っても、半ツヤ位なら、まだもう少し。生地がツヤツヤになるまでマカロナージュする。

(上の画像は半ツヤ、下の画像はツヤツヤ。)

この時、絞り袋に入れて、絞れる位の固さ。

やりすぎてしまうと、絞り袋に入れるとだらだらと生地が落ちてしまいますし、上手に膨らみません。

マカロナージュを動画で確認してみる。

動画でもちょっとわかりにくいかもですが、、、(^-^;

何個か、マカロナージュとしらべるとでてきましたので、そのうちの一つを貼らせていただきます。

⑥ 生地が出来たら、絞り袋に入れる。袋をコップにかぶせて広げると、入れやすいです。

⑦ オーブンシートを敷いた天板に、10円玉くらいの大きさに絞ります。

お化けのマカロンは、丸く絞った後に、お箸で尻尾をつけていきます。

この時、絞った後の筋が、だんだん消えていきます。消えないようであれば、マカロナージュ不足。だらだらと広がりすぎてしまうようであれば、やりすぎです。

⑧ 焼いていきます。乾燥させずに、時短でオーブンを使います。

まず、180度に予熱したオーブンで、2分焼きます

このとき、少し膨らんで、少しだけ下がもこもこしてきます。(マカロンの下のモコモコした部分、ピケが出来始める。)

次に、扉を開けずにそのまま200度に上げて、1分焼きます。

下のモコモコが完璧になります。

メレンゲを湯煎に掛け過ぎて乾燥させすぎたり、マカロナージュ不足だったりすると、この時、ひび割れや膨らみ過ぎになり、泡立て不足やマカロナージュしすぎだと、表面のツヤがなくなりぶつぶつと穴が開いた失敗作になってしまいますので、そうなってしまった方は、その点に気を付けてやり直してみてください。

⑨ 冷ましている間に、チョコペンをお湯につけて溶かします。

最後に顔を描き、お好みで間にジャムやクリームを挟めば完成♪

お子様に描いてもらっても良いですね♪

間に挟むクリームやガナッシュを作るのは面倒な場合、ジャムでも美味しいですし、スーパーにあるすぐに絞れるチョコホイップを挟んでもおいしいですよ(#^^#)

先日、チョコホイップを挟んで食べましたが、とても美味しかったですしラクチンでした♪


トーラク らくらくホイップ チョコレート 220ml 6個入



モンスターのマカロンの作り方

モンスターは、緑の食紅か、抹茶を入れて生地を作り、丸く絞ります。10円玉くらいの大きさに絞ります。

同じように焼き上げます。

ツヤツヤ綺麗に焼けました(^^♪

我が家のオーブンはコンロの下にビルトインタイプのハーマンのガスオーブンなのですが、天板の端の方に絞ったものだけ少し焦げてしまったり仕上がりが悪くなってしまいます。ご参考までに。

チョコペンで顔を描きます。

目玉をたくさんにしてみたり、モンスターズインクのマイクや風にしてみても可愛いですね♪

初めてでもできるだけ失敗を避けられるようまとめたつもりですが、不備などあれば申し訳ありません。

是非、皆さんも、おうちでマカロンづくりを楽しんでみてくださいね♪

その他のハロウィンアイデアまとめ

その他にも簡単にハロウィンを楽しめる方法(ゲーム、クラフト、仮装アイデアなどなど)をまとめてみました。

ご興味おありの方はこちらからのぞいてみてくださいね♪↓↓↓

簡単ハロウィンパーティー,レッスンアイデアまとめ♪ DIY,手作り仮装,ゲーム,ラッピング,飾りつけ,工作クラフト,アクティビティなどなど♪
Happy Halloween! ハロウィンイベントをもっと楽しめる、今までにご紹介させていただいた様々なアイデアをまとめてみました。...

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪