外構DIY♪庭のスロープにコンクリートを素人が施工してみる。コンクリートの作り方 その2~コンクリを練って敷く~ 水の量や砂や砂利、セメントの比率は?

我が家の玄関脇のスロープ。

土がむき出しのこの部分にコンクリを打つことになりました。

前回、その1で、材料などの準備→地面を整える→木枠を作る→基礎砕石→転圧→ワイヤーメッシュを敷くところまでをご紹介させていただきました。

今回はその続き、コンクリを練るところからです。

材料や準備物などは前回を参照してくださいね(#^^#)

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

外構DIY♪素人がスロープにコンクリを敷いてみる。その2 コンクリを練って敷く。コンクリの作り方編。

コンクリの作り方。比率は?水の量は??

コンクリは、砂と砂利とセメントを水で練って作っていくのですが、比率は、、、?!

セメントの袋の裏側に書いていました♪

コンクリートはセメント一袋(25kg)に対して、砂40kg、砂利60kg、水 約15リットルだそうです。

水の量は、天候や湿度に左右されるそうなのですが、コンクリであれば大体ソフトクリーム位の固さ、モルタルなら耳たぶ位の固さだそうです。

コンクリを練る。

主人の実家から借りてきた大きなトロ箱で一気に練りました。

大きさはいろいろあるようです。少しでいいなら、小さいものでOKですが、たくさん練らなければならないときは、大きなもので一気にやってしまった方がよさそうです。

まず、トロ箱に砂利と砂を入れていきます。

混ぜやすいように、交互に入れていきましたよ♪

しっかりと混ぜます。ここでよく混ぜることがポイントのようです。

次に、セメントも加え、さらによく混ぜます。

しっかりと混ざったら、水を加えていきます。

混ぜながら様子を見て、加えました。

この時、角スコップがあると、端まで混ぜやすくて便利でした。

ソフトクリーム位になったかな、、、?

とにかく力仕事すぎて、これだけの量を一気に練るのは、男性にしか無理そうです(^_^;)

がんばれ~!と子供たちと、応援。

コンクリを敷く。

木枠の中に、敷いていきます。

サクサクと上からスコップでついて、ワイヤーメッシュの中に入り込むようになじませました。

表面を平らにならす。

このようなコテを使って、表面を慣らします。

綺麗に出来た~♪

けど、、、

足りない(^_^;)

急きょ、材料を買い足しに、ホームセンターへ走りました。

しかし、多めに作って余ってしまっても、コンクリは捨てることが出来ないので、足りないくらいの方が良かったの、、、かな?(^_^;)

もう一度コンクリを作り、足りなかった部分に敷きます。

滑り止めに筋をつける。

ツルツルだと滑ってしまうので、線をつけました。

このような竹ぼうきなどがあればよかったのですが、、、

ないので、潮干狩りの熊手で、、、。

全体に筋をつけていきました。あとは乾いたら木枠を外して完成です♪

本当は、モルタルを作って、表面を化粧する予定だったのですが、暗くなってきたことと疲労感もあり、、、これで満足してしまいました、、、。

私はほぼ、応援していただけですが、、、、、(^_^;)

熊手で掻いたので、コンクリの石が出てきてしまったりしているので、とりあえず乾かしてみて、やはり上からモルタルをした方がよさそうであれば、また再度挑戦してみたいと思います。

コンクリは砂と砂利とセメントと水が入っていて、モルタルは砂とセメントと水のみで作るそうで、強度はモルタルの方が劣りますが、表面をきれいに仕上げるには、モルタルをコンクリの上に敷くと良いようです。

ビー玉を埋め込んでも可愛いですね♪

結構すぐとれてしまうようですが、、、(^_^;)

その他のお庭の成長記録♪

これまでの、お庭の成長記録&DIYの様子はこちら。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SEE YOU♪

ブログランキングを見る。
ブログランキングに参加しております。 よろしければポチしていただけると、励みになります(#^^#)  
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする